スポーツ

ザギトワ ドーピングGメンの執拗な尿検査に勝ち金メダル

リング外でもアツい戦い(時事通信フォト)

 平昌五輪・女子フィギュアスケートで金メダルを獲得し、世界に衝撃を与えたのが、ロシアのアリーナ・ザギトワ(15)。リンク上の華麗な姿ばかりが取り上げられたが、その陰で「ドーピング検査騒動」に巻き込まれていた。

 事が起こったのは2月19日のこと。ザギトワが2日後に迫ったショートプログラムに向けリンクで調整を始めようとした瞬間だった。

「世界反ドーピング機関(WADA)の検査官が突如リンクサイドに現われ、ザギトワへの血液の採取と尿検査を求めたそうです。ところが尿がうまく提出できず、練習時間が限られていたこともあり、ザギトワはスケート靴を履いてリンクに降り、練習を始めた。それに検査官は納得せず、リンクで滑るザギトワに執拗に尿の提出を要求したと言います」(平昌で取材したスポーツ記者)

 尿検査をするにはスケート靴を脱いでトイレに行く必要があるため、練習は5分で中断。彼女はリンクから離れていったという。

 ロシアはWADAから「国家ぐるみでドーピングをした」とする報告書を提出され、一昨年、選手の五輪締め出し勧告を受けた。ロシア側は国家の関与を否定、結局IOCはロシア選手団としての参加は認めないものの、個人参加は「OAR」(ロシアからの五輪選手)として認めるという決着となっていた。スケートに詳しいジャーナリストの青柳雄介氏はこう話す。

「成績に影響しないよう、ドーピング検査は試合後に行なうのが通常です。WADAはロシア出身の金メダル候補という象徴的な選手の一人を『狙い撃ち』した感があります」

※週刊ポスト2018年3月9日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン