芸能

ポンキッキ、45年の歴史に幕「道徳的信条が常にあった」

「ガチャピン・チャレンジ」は子供たちに勇気を与えた

「オープニングテーマだった斉藤和義の『歩いて帰ろう』を聴くと、『ポンキッキ』を夢中になって見ていた幼き日の息子がよみがえってきます。いい番組だったのにとても残念です」

 成人して独立した2人の息子を持つ56才の主婦がこう嘆くように人気子供番組『ポンキッキーズ』(BSフジ)が3月末に放送終了する。『ひらけ!ポンキッキ』として1973年にフジテレビでスタートした同番組は、ガチャピンとムックが“番組の顔”として大活躍。「きかんしゃトーマス」や「コニーちゃん」など、ヒットキャラクターも多数誕生した。

 国民的子供番組となった『ポンキッキ』は、1993年以降は番組名を変え、幾度のリニューアルを重ねながら放送を続けてきた。45周年を迎えた今年、ついにその歴史に幕を閉じる。上智大学文学部新聞学科の音好宏教授が解説する。

「当時、“母と子のフジテレビ”をスローガンにしていたフジテレビではアメリカで大人気だった子供番組『セサミストリート』をイメージして『ひらけ!ポンキッキ』をスタートしました。同局の教育に対する方向性を大事にしながら、未来のフジテレビファンの開拓を意識して、大人も子供も楽しめる独特の世界観を作り上げたんです」

 その番組内容は自然・社会・言葉・数・しつけ・リズム・感覚の7つのカリキュラムで構成され、知らず知らずのうちに、子供たちがさまざまなことを学べるような作りとなっていた。

 しかもそのカリキュラムは、児童心理学や保育学などの専門家11人がブレーンとして参加。加えて、幼稚園の教諭や学生、医師など50人もの人々が番組作りに携わっていたというから驚きである。

「立ち上げメンバーには、後に『オレたちひょうきん族』など、フジテレビ黄金期を支えた人気番組を作った敏腕ディレクターなど、有能な人材が揃っていました」(フジテレビ関係者)

 ガチャピンがスキージャンプやダイビングに挑戦する「ガチャピン・チャレンジ」は、ガチャピンの困難に立ち向かう姿が子供たちに勇気を与えた。

 一方で、歌手のペギー葉山さんが「にんじんを食べましょう」「人がいるところでは騒がないで」などと、優しく語りかける「しつけ」コーナーは番組スタート時から15年も続いた人気企画だ。

「家庭内でのしつけに加え、テレビの中でもしつけの話があると、子供にとっては確認作業になるので、実践しやすくなりました。最近では、論語を読み聞かせるコーナーがあったり、ノーベル賞受賞者の山中伸弥さんが出演し『未来の科学と子供の教育』について語ったりするなど、道徳的な信条が常にありました」(音教授)

※女性セブン2018年3月22日号

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン