国内

何度も大津波にあった三陸沿岸地域“命てんでんこ”の考え

三陸地方に根づく自己防災の意識(写真/アフロ)

 三陸海岸に面する岩手県宮古市。その津軽石川近くに、園児54人が通う宮古市立津軽石保育所があった。2011年3月11日、14時46分。

 それはちょうど、子供たちの昼寝の時間が終わる直前のことだった。ゴーッという地響きとともに体を突き上げるような揺れが園舎を襲った。寝ていた子供たちは悲鳴をあげて飛び起きる。「地震だ!」。

 尋常ではない激震。横揺れがさらに激しさを増し、波打つ床に体が揺さぶられる。このとき、所長の坂本静枝さん(66才)は即座に判断した。

「津波がくる。急いで山へ!」

 この2日前の3月9日も、宮古市ではマグニチュード7.3、震度5弱の地震が発生していた。ところが心配された津波は数十cm。被害もなく報道も途絶え、「またいつもの地震」と誰もがそう思っていた。

 だが坂本さんが気になっていたのは9日の地震で見た海の引き波。嫌な予感が頭から離れなかった。

「1週間は注意しようと思いました。そこで、普段お昼寝のときは寝間着に着替えさせて寝かせるのが保育所の方針ですが、子供が各々にすぐ逃げられるよう衣服を着せたまま寝かせていたんです。外気温はマイナス。もしあのとき寝間着だったら、子供の着替えに翻弄され間に合わなかったかもしれません」(坂本さん)

 過去何度も大津波(明治29年、明治三陸地震による津波は、高さ30mを超す大津波。昭和8年、昭和三陸地震では、約29mの津波が押し寄せた)に見舞われた三陸沿岸地域には「命てんでんこ(命は各々で)」という考えが浸透している。

「命てんでんこ」は、たとえ幼い子供であろうが、人に頼らず“自分のことは自分で守る”という自己防災。大人がいなくても、子供たちが自らの判断で逃げられる訓練を重ねてきた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
SNSでも話題の「佐賀大学お嬢様部」に直撃
佐賀大学“お嬢様部”の活動実態を直撃取材!「お嬢様の定義をお教えしますわ」
週刊ポスト
1980年、田中派の総会で挨拶をする田中角栄(写真/共同通信社)
鉄の結束を誇った田中角栄軍団、「みんな田中ファン」指導力に心酔した議員や秘書たち
週刊ポスト
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト