• TOP
  • ライフ
  • 月間100人と合コンした港区女子の「鉄板の布陣」

ライフ

2018.03.23 16:00  NEWSポストセブン

月間100人と合コンした港区女子の「鉄板の布陣」

男性ウケする合コンのメンバー構成とは?

 医師や弁護士、実業家や外資系金融マンといったハイスペック男性と、港区界隈で夜な夜なキラキラした飲み会を開く港区女子。そんな彼女たちは、合コンのスペシャリストでもある。「月間100人」との飲み会経験のある現役港区女子の吉川リサコ氏が、女子のための「極意」をリポートする。

 * * *
 私は、最高で月間100人と合コンしたことがある。ほぼ幹事である。次々とハイスペック男性と知り合うから、飲み会の相手には困らない。だから他の女子からの誘いではなく、私が幹事となるのだ。また、ハイスペから「また開いてよ」と言われる“リピート率”も高い。そんな私が経験から学んだ合コンの極意(女性向け)を記したい。

「月間100人」を記録したのは女子大生の時だ。週によって異なるが、月火水木金金土日日と飲み会を入れた。女子大生だからなせるスケジュール調整と体力を武器に1日に2回のハシゴ合コンの日もあった。

 2週間目でわかったポイントがある。

「まともなハイスペとの出会いは土日にはない」

 素敵なハイスペ男性は、土日は必ずプライベートの予定が早くから埋まっている。土日にタワマンパーティーや合コンに参加するのは、お金はあってもモテない類の残念ハイスペである。

 実際、私は土日に開かれた飲み会で「ランボルギーニに乗る歯医者」、「やたらと“俺と付き合ったらプチ整形タダだよ”と口説く美容外科医」、「いくらでも洋服買ってあげると繰り返すミッドタウン住みの筋肉男」などに出会ったが、見た目が残念すぎたりナルシストだったり、次のお誘いがあっても「ちょっと、スケジュールみて連絡します~」とかわしたくなるような男ばかりだった。

 そして当然ながら重要なのがメンバーだ。顔面偏差値をあげて参加すればそれにこしたことはないが、顔は十人十色、好みがあるし、誰もが顔面偏差値をあげられるわけでもない。数々の合コンで学んだのは、メンバーの「役割」が大事だということだ。よく言われるように、合コンはチームプレイである。役割とは、以下のメンバー構成である。

関連記事

トピックス