• TOP
  • スポーツ
  • 峰崎部屋暴力事件で加害者力士に直撃 協会発表と重大な矛盾

スポーツ

2018.03.23 16:00  NEWSポストセブン

峰崎部屋暴力事件で加害者力士に直撃 協会発表と重大な矛盾

協会はこの矛盾をどう説明するのか(時事通信フォト)

 貴乃花部屋の十両・貴公俊による“付け人殴打”が起きた春場所中日の3月18日、日本相撲協会は「峰崎部屋で暴力問題が起きていた」と発表した。この暴力問題の情報をいち早く掴み、1か月以上にわたって取材を続けていた『週刊ポスト』は、協会が問題を発表する「前日」の3月17日に、加害者力士・Aに直撃取材を敢行していた。

 協会の発表した内容を要約すると、「峰崎部屋の力士が弟弟子に暴力を振るっていた。弟弟子はその暴力を理由に引退。すでに危機管理員会が調査しており、加害者の力士は暴力を認め、被害者との間で和解済み。加害者は3月末の理事会で処分する」というものだった。だが、その発表前日、加害者力士・Aが直撃取材に答えた内容は、協会の発表とは全く違うものだった。以下、一問一答である。

──あなたの暴力が原因で廃業した弟弟子について聞きたい。
A:何の話か、よくわかりませんね。

──危機管理員会には呼ばれていないのか。
A:ないです。

──弟弟子が引退したのは暴力が原因ではない?
A:初めて聞きました。なんで辞めたかも全然知らないです。

──初場所直前の暴行が廃業のきっかけではないのか。
A:辞めたというのは知っていますが、(暴力というのは)初めて聞きましたね。

──突然いなくなった?
A:そうですよ。スカした男でしたから。“なんで逃げたの?”という感じでした。

 暴力問題など存在しなかった、危機管理委員会にも呼ばれていない──翌日に協会が発表する内容とはまったく矛盾する話をしていたのである。

関連記事

トピックス