• TOP
  • ライフ
  • 【嵐山光三郎氏書評】西部邁氏による日本と日本人への絶望

ライフ

2018.05.02 16:00  週刊ポスト

【嵐山光三郎氏書評】西部邁氏による日本と日本人への絶望

『保守の遺言 JAP.COM衰滅の状況』/西部邁・著

【書評】『保守の遺言 JAP.COM衰滅の状況』/西部邁・著/平凡社新書/880円+税

【評者】嵐山光三郎(作家)

 1月21日に自裁をとげた西部邁の絶筆である。西部氏が規定する「保守」は、「危機において平衡をとる英知」で、「負けを覚悟の言論戦」となる。自由民主党も立憲民主党も民主主義を標榜する、デモクラシーは素直に民衆政治と訳されるべきであった。古代アテネでのソクラテスやプラトンの議論では、デモクラシーが衆愚政治に転落して、金権政治となり、独裁政治に帰着した。

 と、西部氏は、あの人なつっこい顔でギロンを仕かけてくる。「自衛隊という憲法違反の存在」を国民の93%が肯定しているにもかかわらず、その六割以上が当該の憲法条項の改正に反対している。これは国民精神の統合失調症じゃないのか、と。憲法九条には「侵略の禁止」があるけれど、侵略と自衛の区別は不可能で、これまでの侵略はすべて自衛を口実にしていた。

 また「竹島、尖閣、北方四島は日本固有の領土である」といわれるが、世界史を眺め返せば、ある土地を奪ったり奪われたりするのは戦争の結果である。北方領土の国後と択捉には二万人余のロシア人が定住して七十年になる。

関連記事

トピックス