国内

第3次韓流ブームが到来 中高生はハングルで秘密の手紙

「TWICE」は『JC・JK流行語大賞』ヒト部門の1位に(写真/アフロ)

 5月中旬のある週末、東京・新大久保駅の改札付近は、多くの人でごった返していた。大久保通り方面へ足を向けると、道の両側には若い女性で溢れかえっている。大人数で来ている中高生らしき制服組も見かけられた。

 チーズタッカルビの人気店『市場タッカルビ』の入り口にある90分待ちの札も、『アリランホットドッグ』のチーズドッグ目当ての長い行列も、もはやおなじみの光景。

 彼女たちは韓流コスメで“オルチャン(美少女)メイク”を施し、屋台で買ったばかりのトッポッキやホットク(韓国の定番おやつ)を手に、スマホで自撮りしている。第2次韓流ブームが過ぎ去った後、しばらく閑散としていたこのエリアに、一体何が起こっているのだろうか?

 今、韓国がアツイ。といっても、その兆しはすでに昨年から始まっていた。昨年8月に発売された『ViVi』(講談社)の韓国特集をきっかけに、10~20代のファッション雑誌では続々と韓国女子風メイクとファッションがトレンド企画となった。

 昨年末に発表された『JC・JK流行語大賞』では、ヒト部門の1位に「TWICE」が、モノ部門の1位に「チーズタッカルビ」が選ばれるなど、韓流ワードが上位に。

 そしてこの春、『CLASSY.』(光文社)や『BRUTUS』(マガジンハウス)、『フィガロジャポン』(CCCメディアハウス)などもこぞって韓国大特集を組むほど、ブームは広がりを見せている。韓流に詳しいある女性誌ライターが語る。

「そもそも韓流ブームの始まりは、ぺ・ヨンジュン(45才)主演の『冬のソナタ』(2002年)をはじめとする韓流ドラマ。作品や出演俳優にハマった中高年女性がロケ地を訪れるなど社会現象になりました。そして東方神起を筆頭にBIGBANG、2PMなど韓国アーティストが人気を博したのが第2次韓流ブームです(2010~2011年頃)。

 その後、竹島問題など日韓関係が冷え込んで韓流ファンは肩身の狭い思いをしてきましたが、昨年から10代の女子中高生を中心とした若い世代に第3次韓流ブームが起きています。うちの娘が通う大学でも、韓国語クラスは人気のあまり、受講するための抽せんが行われているほどです」

 月の半分は韓国に住みながら、韓国のコーディネーター・ライターとして活躍する東山サリーさんも、「第3次ブームは今までにないほど低年齢層が牽引している」と話す。

「今、インスタグラムで『#韓国人になりたい』と検索すると、1万件以上がヒットするんです。彼女たちは韓国=おしゃれ、かわいいという認識。コスメもファッションも、(9人組ガールズグループの)TWICEみたいにかわいくなって、イケメン韓国男子とつきあって、おしゃれなところで写真を撮りたい…っていうライトな感覚ですね。驚くのは、今の中高生はハングルが操れること。ハングルを使って、友達と秘密の手紙を書いたり、ノートに自分の名前を書いたりするそうですよ」

※女性セブン2018年5月31日号

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン