BIGBANG一覧

【BIGBANG】に関するニュースを集めたページです。

(写真/TREASURE公式HPより)
大型新人TREASUREが韓国で異例人気 BIGBANG超えるCD初動売上
 韓国大手芸能事務所YGエンターテインメントから8月7日、4年ぶりにデビューした12人組ボーイズグループ「TREASURE」。YGの肝入りで結成された同グループは、デビューから1か月も経たずして、新人とは思えない人気を博している。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。 * * * 人気アイドルグループ「BIGBANG」や「BLACKPINK」の弟分として、YGエンターテインメントのサバイバルオーディション番組『YGの宝石箱』から誕生した大型新人「TREASURE」。YGが手塩にかけて育ててきたグループなだけに既に韓国では大きな注目を集めており、デビュー曲『BOY』のミュージックビデオ再生回数は3235万回を突破(8月31日時点)。YouTubeチャンネル登録者数も193万人を超えた。YG初の日本人メンバーが4人もいることや、YG歴代最多となるメンバー数という点も注目されている。 TREASUREのデビュー後初の公式舞台は、8月9日に放送された地上波テレビ局SBS(ソウル放送)の歌番組『SBS人気歌謡』。『BOY』を歌いながら、どのグループよりも気合いが入った「カルグンム(カルはナイフ、グンムは群踊の意味で、脚や腕を上げる角度までぴったり揃うこと)」を披露した。花びらのように散ったりまとまったり、メンバーの背中を踏んで飛んだり、12人が数人単位のユニット別に登場したり、最後はビシッと一つにまとまったりと、視聴者を飽きさせないパフォーマンスは圧巻の一言。見終わった後も最後のサビが耳から離れず困ってしまったほどだ。 韓国メディアもTREASUREのパフォーマンスを絶賛し、SNSでも「写真で見るより映像の方が断然魅力的」と好評。アイドルコミュニティでも、「TREASUREのことばかり検索してしまう!」、「いつの間にかTREASUREが生活の中にしみ込んでいた」、「2018年のサバイバル番組からデビューまで長かった」といった声が多く見られた。『SBS人気歌謡』では、音楽配信サイトの再生回数やCDの売上などを総合的に評価し順位が発表される。新人はデビューしたその週、カムバックしたグループはカムバッグしたその週の歌番組でチャート1位になるのがもっとも華々しい登場であり、メディアにも注目される。TREASUREは、デビューを待ちわびていた世界中の「TREASURE MAKER(ファンの名称)」が熱心に応援していたこともあり、新人としては異例の2位に付けた。 実際、CDの初動売上は絶好調だ。7月29日から予約販売を開始し、8月13日に正式に発売された『BOY』が収録されたファーストシングル『THE FIRST STEP : CHAPTER ONE』の初動売上は約16万枚、8月20日時点では約20万枚を超えた(韓国アルバム集計サイト「HANTEO CHART」)。ファーストシングルで16万枚の初動売上は、先輩のBIGBANG、BLACKPINKも成し遂げられなかった記録で、YG歴代新人最高記録である。 発売から1週間の初動売上は、日本と同様韓国でもその後の人気に大きく左右する。そのためYGも、売上を伸ばそうとさまざまな特典や仕掛けを行った。ファーストシングルは、ホワイトとブラックの2つのバージョンを用意したり、CDに加えて150ページのフォトブックや、ランダムでフォトカードを入れたり、ポスターやスクラッチカードなども付けたりと特典満載だ。スクラッチカードは宝くじのようなもので、カードをこすって12個の宝石が出たら、メンバーと1対1でテレビ電話ができる特別なイベントに参加できる。コロナ対策でファンミーティングもコンサートもできない中、メンバー1人当たり1分ずつ合計12分テレビ電話で話せるとあって、ファンにとっては嬉しい仕掛けになったはずだ。 ちなみに、K-POPの初動売上の歴代1位から4位までは、今世界的人気となっている人気ボーイズグループ「BTS」のアルバムが占めている。1位は2020年2月21日に発売した4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』で約337万枚にのぼる。 コロナさえなければファンミーティングに新曲発表会と、ファンと直接触れ合う場も多かったはずで、さらに売上も見込めたかもしれない。TREASUREは、メンバー自ら「グローバルアイドルになりたい」、「日韓両国で新人賞をとりたい」と話しているだけに、BTSのようなグローバルアイドルに成長する日が待ち遠しい。【趙章恩】ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。
2020.09.02 07:00
NEWSポストセブン
(写真/TREASURE公式HPより)
韓国大型新人「TREASURE」 メンバーの“ケミ”が人気の秘訣
 韓国の人気アイドルグループ「BIGBANG」や「BLACKPINK」の弟分として以前から注目されていた12人組ボーイズグループ「TREASURE」が8月7日デビューを果たした。韓国大手芸能事務所YGエンターテインメントがボーイズグループを発表するのは5年ぶり。満を持してデビューした同グループは、韓国やアメリカなど世界中の音楽ファンの注目を集めている。ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。 * * * SMエンターテインメント、JYPと並び韓国の三大芸能事務所の一つであるYGエンターテインメントからデビューしたボーイズグループ「TREASURE」。同事務所としては初の日本人メンバーの起用で、メンバーの年齢は15才から21才までと若く、メンバー数は12人と過去最多を誇る。メンバーの多様性や規模と言い、グローバルに活躍できるアイドルグループに育てようという事務所の意気込みが見える。 TREASURE は、8月7日のデビューと同時にデビュー曲『BOY』のミュージックビデオを公開。記念イベントとして、K-POPアイドルを楽しめる動画アプリ「VLIVE」から約2時間に及ぶライブ配信『THE FIRST STEP : CHAPTER ONE’ DEBUT COUNTDOWN LIVE』も行った。VLIVEにあるTREASUREのチャンネルから事前に質問を募集し、メンバーが自己紹介からデビューまでの道のり、アルバムのことなどをファンに語るという内容だ。日本人メンバー4人は韓国語が堪能で、時々日本語訛りの韓国語になるところがとても可愛いかった。 ライブ配信は、開始から30分で視聴者が100万人を超え、最終的には300万人以上が視聴した。それだけでなく、米国ビルボード「ソーシャル50」チャートでは19位にランクインし、K-POP新人グループとしては最短の記録を更新。「TREASURE」YouTubeチャンネル登録者数も既に193万人を突破するなど、世界中の音楽ファンが注目している。ライブ配信では、視聴者数の予想外の多さに、メンバー全員が驚きを隠せない表情で椅子から立ち上がる場面もあった。 YGアイドルのイメージとしてよく言われるのは、「スタイリッシュでシック」、「清純派というよりは気だるい感じ」、「個性豊か」などだが、TREASUREはこれまでのイメージとは異なり、パワー溢れる爽やかな少年らしさが際立っている。デビューからそれほど日が経っていないが、韓国メディアは、「いつものYGとは少し違うが、トレンディなグループ」と評価した。 ライブを視聴した韓国ファンの間では、12人のメンバーから数人を束ねて、「ギャグ組」、「末っ子組」、「紙人形組(痩せているから)」など色々なニックネームを付けるのが流行っている。それは当然、メンバーの“ケミ”が良いからだ。ケミは、「ケミストリー」の略語で、韓国では「ケミがいい=相性がいい」という意味で使われる。“ケミ”が良いのも当然だ。TREASUREは2018年、YouTubeやVLIVE、ケーブル放送局JTBC2で放映されたサバイバルオーディション番組『YGの宝石箱』で選ばれたメンバー。実力だけでなくメンバーの相性の良さは既に証明済みである。練習生に選ばれると、基本的にYGが食事などの生活にかかる費用を提供し、メンバー全員で共同生活を送る。1日のスケジュールも超多忙で、歌やダンスだけでなく外国語やスピーチ、演技も学ばせ基礎体力を作るためのトレーニングやメンタルヘルスケアも行った。練習生一人当たり年間1億ウォンはかかるそうだが、これは投資のため練習生が費用を返済する必要はないという。 YGの練習生であること自体、ビジュアルや歌唱力、ダンスが優れている証拠と言えるが、厳しい訓練をやり遂げ、メンバー同士競い合いながらも共に成長した彼らは、まさに宝石の中の宝石と言える。番組放映後、いつデビューするのかとファンは心待ちにし、デビュー日が決まった時は、韓国経済紙まで「ついにYGが宝石箱を開けた」、「宝石箱からTREASUREが飛び出た」と報道したほど。BLACKPINK とTREASUREの連続ヒットでYGの株価も上がり続けている。 TREASUREの12人は、並々ならぬ注目と期待を集めているだけに、プレッシャーに耐えられるか心配になるほど。だが、デビュー記念記者懇談会では「BIGBANGの弟分と呼ばれるのはとても光栄でもっと頑張ろうというモチベーションになる」、「グローバルアイドルになって日韓両国で新人賞を獲りたい」、「歴史に名を残すグループになりたい」と意欲を見せ、「全くプレッシャーは感じていない」とも話していた。元気いっぱいの夢見る少年12人を、今後応援せずにはいられなくなるだろう。【趙章恩】ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。
2020.09.01 07:00
NEWSポストセブン
警察に出頭するK-POP歌手のチョン・ジュニョン(Sipa USA/時事通信フォト)
韓国が「盗撮大国」に 日本人旅行者もホテル、トイレに注意
 10連休となる今年のゴールデンウイーク。久しぶりに国外で過ごすという人は多いだろう。数日程度の手軽な海外旅行先として、韓国の人気は引き続き高い。ところが現地では、女性をターゲットにした卑劣な犯罪が横行し、摘発が相次いでいる。ソウル在住のジャーナリスト・藤原修平氏が報告する。 * * * このひと月ほど、あるニュースが韓国で連日報じられている。日本にも進出しているK-POP歌手のチョン・ジュニョンが女性たちとの性行為を隠しカメラで撮影し、SNSのグループチャットを通じて友人と共有していた事件だ。しかも、チャットのメンバーは「人気グループBIGBANGの元メンバーV.I.ことスンリ」や、「実力派シンガーソングライターとして昨年末に日本進出したばかりのロイ・キム」など、今を時めく男性歌手ばかり。彼らの多くが立件されて芸能界引退に追い込まれている。 それだけではない。4月に入ると “第2のチョン・ジュニョン・チャットルーム”と称されるSNSグループチャットがあることが報じられた。やはり女性たちとの性行為を隠しカメラで撮影し共有していた事件だが、チャットのメンバーには男性歌手や映画俳優、モデルたちがズラリと名を連ねており、韓国社会にさらなる衝撃が走っている。 一連の盗撮事件で韓国社会が極めて深刻なのは、いわゆる“身内”であってもまったく信用できないところだ。2016年8月に発覚した水泳韓国代表女子更衣室の盗撮事件では、同じく韓国代表に選ばれた男子選手が犯人だった。その選手は2009年から2013年にかけて6回にわたり、万年筆型の小さなカメラを用いて隠し撮りを行っていたという。 また、昨年9月には、日本でも知られている女優のシン・セギョンと歌手のユン・ボミ(ガールズグループApinkのメンバー)が、人気番組の海外ロケ中、ホテルの部屋でスマホ用補助バッテリーを偽装した撮影装置(盗撮用カメラ)を発見。調べたところ、これを設置したのは番組の撮影スタッフだった。このスタッフは事件発覚前、「俺の補助バッテリーどこいったのかな」などと言い、彼女らの部屋に置き忘れたような素振りを見せていたという。幸いなことに、カメラの発見は設置から1時間後で、韓国全土で知名度の高い2人のプライベートな姿が盗撮されることはなかった。 盗撮犯のターゲットは身内ばかりではない。今年3月には、モーテルの客室に隠しカメラを設置し、宿泊客のプライベートをネットで生中継していたグループの4人が逮捕された。犯人らは全国10都市にある30か所のモーテルに、803台もの隠しカメラを設置。Wi-Fiを通じてネットに接続し、リアルタイムでカメラの遠隔操作まで行っていた。昨年11月24日から今年3月3日までの約3か月、盗撮動画を有料サイトで生配信し、約700万ウォン(約70万円)を得ていた。隠しカメラはTVや電源コンセント、ヘアドライヤースタンドなどに設置されていた。使用されたカメラは、犯人らが海外サイトを通じて20ドル(2250円)ほどで購入したものだったという。 女子トイレの盗撮となると、もはや枚挙に暇がないほどだ。昨年8月25日にはソウル大学の女子トイレに隠しカメラを設置したとして、男子高校生が逮捕された。女子トイレに隠れていたところを女性に発見されたため発覚したが、彼の携帯電話からは何枚かの盗撮写真が確認されたという。 昨年9月には、ソウル市江南区三成洞の女子トイレに隠しカメラを設置した容疑で男が逮捕された。トイレットペーパーの芯の中に小型カメラを入れて棚の上に載せ、それをトイレットペーパーの山で覆うという手口だったが、それがあまりに不自然に見えたので、あえなく発覚と相成った。残念なことに、犯人は近くに住む日本人会社員だった。 そのほか、今年に入っても仁川警察署の幹部が市内雑居ビルの女子トイレで撮影を行っているのが見つかって通報されたり、軍事境界線のあるパジュ市では飲み屋の女子トイレで盗撮した陸軍兵士が摘発されたりしている。 こうした状況の中、もはや公共トイレに入れないという女性たちが急増。ある20代の女性はこう嘆息する。「外出先ではなるべくトイレを使わないようにしていますが、どうしても行かざるを得ない場合、隠しカメラがあるかどうかを徹底的にチェックします。たとえ見つからなくても、本当にカメラが置かれていないのかどうか、自信がありません」 自治体や交通機関も対応に追われている。今年の旧正月の連休前には、隠しカメラの有無を確かめるため、全国の公共トイレの一斉点検が行われた。韓国中西部の大田市では、地下鉄の駅構内にあるトイレを、カメラ探知機を使い1日2回、点検しているという。 韓国で隠しカメラの問題が事あるごとに取り沙汰されるようになったのは、2年前の2017年春頃からだ。その前、数年間に隠しカメラの市場規模が急拡大し、性犯罪に利用される懸念が市民団体などから表明された。それが今や国を挙げての大騒動になっている。 恐らくは想像できないほど多くの隠しカメラが、プライベート空間に設置されているのだろう。韓国を訪れる日本人旅行者も、ホテルやトイレでは注意したほうがよさそうだ。
2019.04.10 07:00
NEWSポストセブン
V.I、入隊中のSOL&D-LITEと熱唱。ファンから歓喜の叫び
V.I、入隊中のSOL&D-LITEと熱唱。ファンから歓喜の叫び
アーティストグループ、BIGBANGのV.Iさんが自身のインスタグラムを更新。入隊中のメンバーSOLさん、D-LITEさんとのスリーショットを公開しました。https://www.instagram.com/p/BovRmDNA-3_/?taken-by=seungriseyo韓国で開催された“地上軍フェスティバル”に出席したV.IさんはSOLさん、D-LITEさんと共にステージに立ちBIGBANGの代表曲“BANG BANG BANG”“FANTASTIC BABY”を披露し訪れたファンを興奮させました。https://www.instagram.com/p/Bon6g_-HzU3/?taken-by=seungriseyo久しぶりに見るスリーショットに、ファンからは「あなたたちが恋しい」「泣けてくるわ」「幸せ…」「早く会いたい」と反響が寄せられています。また、SOLさんは1人でステージに立ちソロ曲の“RINGA LINGA”“Eyes.Nose.Lips”を披露しファンたちを沸かせました。
2018.10.10 05:32
SNSのニュースメディア Insty
Miyu Takeuchi of ongoing survival reality television show Produce 48 arrives at the Gimpo International Airport in Seoul, South Korea, 9 July 2018.
AKBメンバーが韓国デビューに挑戦 PRODUCE48の魅力
 毎週金曜夜11時、K-POPのディープなウォッチャーであるライターのまつど☆たまき氏が、そわそわしながら待つ番組があります。“会いに行けるアイドル”AKB48グループと、国民(視聴者)がデビューメンバーを決定する韓国の人気オーディション番組PRODUCEシリーズとのコラボ番組『PRODUCE48』(BSスカパー・Mnet)です。実力も華もあるのに運がなかった韓国の練習生たちの活躍は見守りたい、忖度で上位という心ない声も飛ぶ宮脇咲良だけどカワイイのは認めざるを得ないよね、矢吹奈子は実力あるんだからもっと強気にガツガツいっていいのに! など参加者すべてにエールを送るまつど☆たまき氏が、夢のコラボ番組についてやさしく解説します。 * * *「あなたたちは今、日本で活動してますよね? 日本でもオーディションを受けたでしょ? 何で選ばれたんですか?」 射るような視線をした韓国人審査員の情け容赦ない言葉が飛びます。凍りつき、目を伏せた少女たちは、日本から来た「AKBグループ」の現役アイドルたちです。ヒット曲を歌い、笑顔でダンスを披露した直後、氷のような批判を浴びせられ、蒼ざめて言葉を失う彼女たちを、カメラはジッと追い続けます──どこまでも冷静に。 日韓同時放映の連続リアリティ番組『PRODUCE48』第一回は、斯くも恐ろしいシーンをイントロに開幕したのでした。■サバイバル番組、PRODUCEシリーズ K-POPアイドルの場合、デビューしたばかりの新人が、いきなり完璧に近い歌やダンスを披露するレベルの高さを誇っています。一方、日本のアイドルは”原石”の段階でデビューさせ、プロ活動の中で徐々に実力を上げていくケースが多いように思います。ファンがその成長を見守り、自分たちのフォローが形となっていく、一種の「育成ゲーム」的な関与を求めることが多いからでしょうか。 ただ、韓国にも「未完成なアイドルの成長」を見守りたいという日本型のニーズはあり、あえてデビュー前の練習生を主人公に据えたTV番組が多く作られてきました。俗に「サバイバル番組」と呼ばれる、デビュー直前のプロ候補生選抜を追うリアリティ番組です。 今や世界的人気を誇るBIGBANGや日本でもおなじみTWICE、次世代を担う男性グループWINNER、MONSTER Xなどが、こうしたサバイバル番組でデビューまでのプロセスを公開してきました。練習生の苦労や努力を刻んだ映像は、多くのファンの共感を生み、人気爆発の大きな起爆剤となります。デビューした段階でもう多くのファンが付いているわけですから、その効果は絶大。我も我もと各芸能事務所が揃ってこの手法に飛びついたため、一時期、同工異曲の番組があふれる結果となってしまいました。 そこに新しい風を吹かせたのが、2016年、音楽専門ケーブル局Mnetで放映された『PRODUCE101』です。それまでは「一事務所の新人グループのデビュー」を描く番組ばかりでしたが、大小さまざまな芸能事務所から集めた練習生101人を選抜し、最終的に「究極のアイドルグループ」を結成するという大きな目標をゴールに据えたのです。第一シーズンからは女子グループ「I.O.I」が、そして第二シーズンは男子グループ「Wanna One」がそれぞれデビューし、ヒットチャートを大いに賑わせました。 さて、そのPRODUCEシリーズ第三弾として登場したのが、今年6月から放送されている『PRODUCE48』です。 今回の新基軸は、日本のAKB48グループから約半数の候補者39名を受け入れるというもの。韓国側は従来どおり各事務所から選抜された練習生57名、総計96名がデビューメンバー12名を目指して「国際的アイドルグループ結成」を目的にバトルを繰り広げることになったのです。■露呈する日韓アイドルの違い 元々、年一回の総選挙システムで「人気の可視化」が行われるAKB48グループは、こうしたサバイバルには一日の長があります。メンバーもその日常を晒すバラエティ番組を幾つも経験して、精神的にタフな状況を乗り越えてきた”猛者”です。しかし、アイドルに求められる要素が全く異なる韓国では、苦戦を強いられてしまいます。 最初の試練は、参加者の基本的な実力を計測する「事務所別」のミッション。ここでの評価によって、A~Fまでのクラス分けが行われます。審査を行うのはコーチングも担当する、K-POPシーンのベテラン歌手とダンスコーチ陣です。 この第一関門で高評価を得たのは、やはり練度の高い韓国側のメンバーでした。グループの活動停止などで居場所を失ったプロとして実績のあるメンバー、もしくはそれと同等の実力を備えた“スーパー練習生”たちのハイレベルなパフォーマンスを目の当たりにして、AKBグループメンバーに動揺が走ります。「ヤバい、自分がF(クラス)に行く未来しか見えない」「ボイストレーニングなんか一回もしたこと無いし。研究生は基礎トレーニングするわけないじゃん」「先輩の(ダンス)を見よう見まねでやってた」 番組では、AKBメンバーがうっかり漏らしてしまった小声の本音会話もしっかり放送されてしまいます。どんな小さなつぶやきも逃さず、出演者の心理を浮き彫りにしていくのが、このPRODECEシリーズの恐ろしいところでもあります。 日本人チームの先頭を切って、中野郁海と小田えりながアルバム収録曲の『Get you!』を披露します。中野はテレビのダンスバトル番組で優勝、小田もAKB内の歌唱コンテスト企画で優勝の過去があり、それぞれに実力者であるとの評判が審査員にも伝わっていたようです。が、「ガッカリした」「歌うスタイルが古い」「ダンスバトル一位の実力だとは正直に思えない」と、さんざんな酷評で迎えられてしまいます。 最終的に「このままではステージに上げられない」と一刀両断にしたのは、ダンスコーチ陣筆頭格ペ・ユンジョン女史。KARAの大ヒット曲『ミスター』ほかK-POP史上に残るレジェンド曲の振り付けをしてきた人だけに、言葉の重みが違います。このあとも日本人メンバーたちを次々D~Fグループに突き落とし、「日本の子たちはかなり泣きそう」と今後の展開に暗雲を漂わせる恐怖のキラーフレーズを吐きます。 冒頭に引用した強烈なセリフも、この猛女ユンジョンさんのものです。強烈な詰問の炎を浴びたのは『止まらない観覧車』を披露したHKT48からの7名。長い沈黙の後ようやく「(日本での)審査は歌とダンスでした」と答えた松岡菜摘の声は震え、目も潤んでいます。しかしユンジョン女史の口撃は止みません。「練習はたくさんしますか? 全然息があっていない。何を練習したの?」 確かにカメラはダンスのばらつきやキメポーズの不安定さをしっかりと捉えていました。ユンジョンさんのキツイ言葉は、単に踊りの巧拙のことを話しているのではありません。K-POPにとって非常に重要なポイントを踏まえた指摘をしようとしているのでした。 K-POPグループのダンスは「カル群舞(刀群舞)」と呼ばれる、一糸乱れぬチームの同期ぶりに最大の特徴があります。複雑なフォーメーションを様々に絡めながら、タイム感ばっちりに揃えるダンスは他の追随を許しません。キツイ戒めの言葉は、韓国のステージに立つ以上どうしても踏まえなければならないキーポイントを伝授する、愛のムチだったのです。 彼女が単に意地悪な憎まれ役でないことは、これまでのPRODUCEシリーズでも証明済みです。厳しい指摘を受けて、その欠点を克服してきた生徒には惜しみない賛辞を送り、大きな成長を見せた元劣等生を満面の笑みで包むシーンを何度もカメラは映し出しています。このギャップがなんとも魅力的で、思わず「ねえさん頼んだ!」と叫びたくなることも。 一見残酷ショーのようにも見えるPRODUCEシリーズですが、鬼コーチの叱咤の裏にある強い愛はもちろん、切磋琢磨するライバル同士が友情を築いていく過程や、当初は目立たなかった才能が徐々に開花する姿など、隠れたエモーショナルなドラマが掘り出されます。ジェットコースターのような展開の魅力にとりつかれたら最後、次回放送を指折り数えて待つようになるのです。 第一回では実力不足が目立ったAKBグループの中から、何人もの注目株も発掘されてきました。歌と編曲の実力を兼ね備えながら、2009年のAKB加入以来ずっと総選挙では圏外(101位以下)だった竹内美宥は、回が進むに従ってじわじわと評価を上げ、第一次順位発表式ではデビュー圏内の11位という高評価を得ました。 また矢吹奈子はどん底のF組からのスタートでありながら、ポジションバトルで超難関曲GFRIEND「LOVE WHISPER」の高音パートを完璧にクリア、個人得票1位に躍進。第一次順位発表式では7位、第二次では2位に躍進しています。 他にもポジションバトルのダンス部門で突如1位に浮上。10万点を奪取してそれまでの低迷を払拭した村瀬紗英や、チーム内1位を獲得して村瀬に続いた白間美瑠など、日替わりでシンデレラガールが次々登場しています。 様々なドラマを生んだPRODUCE第三シーズンも、いよいよあと三回を残すのみ。8月31日の放送が最終回となります。30人までに絞り込まれた候補たちは、番組オリジナル課題曲での「コンセプトバトル」に挑戦。この最終ミッションを経て、最終12名のデビューメンバーが決します。 はたして日韓のアイドル文化の壁を破って、どんなグループが誕生するのか。もうワクワクジェットコースターが止まりません。まさしくPRODUCEの敏腕Pさんの思う壺。発着所まで無事に戻って来られるのか。猛暑に負けない体力をつけながら最終回を待ちたいと思います。
2018.08.17 07:00
NEWSポストセブン
前澤友作氏の名言&高額コレクション、剛力はプライスレス
前澤友作氏の名言&高額コレクション、剛力はプライスレス
 会社の時価総額は1兆4000億円、個人資産は5579億円、株の配当だけで年収35億円(!)というZOZOTOWN・前澤友作社長。稼ぎもすごいけど、その使いっぷりも桁違い。アート、趣味、人脈…彼のお眼鏡にかなったものを、SNSなどで発言した“前澤語録”とともにご紹介する。「ここにしかないもの、こだわってるものが好き」 人と同じものが嫌な性分で、希少品を独自にカスタムするのがお約束。プライベートジェット(約60億円)はネイビーに塗り替え、『ブガッティ・ヴェイロン』(2億7800万円)はエルメスデザインを、『メルセデス・マイバッハ』(推定6000万~8000万円)は世界99台の限定生産をチョイス。ただし、世界で1台の『パガーニ・ゾンダ』(推定3億円)は購入1年少しで交通事故で大破してしまった。「お金めちゃ使う。とんでもない人に会える。気づいたら成長してる」 バスキアの絵画を62億円(2016年)で落札した直後に、アートコレクターで知られるレオナルド・ディカプリオから「おめでとう。いいもの買ったね!」と直メールが届き、親交がスタート。BIGBANGのT.O.Pも後輩コレクターにあたり、オークションでの協力を惜しまないそう。42才の誕生日には安倍晋三首相とも2ショット。“名言”を体現してます!「機械式の腕時計が好きです。無駄なパーツなんてひとつもないし、さぼってるパーツもひとつもない」 歯車やパーツが絡み合って時を刻んでいく様子を、会社や社会の構図に見立てているそう。いちばんのお気に入りは“時計界のF1”と呼ばれる『リシャール・ミル』の中でも超ハイスペックな「ラファエル・ナダル」モデル(約5000万~1億円)。超軽量だけど、消費税だけでウン百万円するヘビーな存在です。「すべてのモノが情報化される中で、数値化できないものがアートにある」 数字を追いかけるビジネス界にいるからこそ、感性の世界に身を置きバランスを取っているという前澤氏。2016年に続き、2017年にはジャン=ミシェル・バスキアの作品を過去最高額の約123億円で落札した。その他、ピカソの絵画(約25億円)とアルベルト・ジャコメッティの彫刻や、国の重要文化財『烏鷺図屏風』、室町時代の茶碗、ステンレス製のオブジェ『Titi』(15億円)などオールジャンルで収集。コレクションは地元・千葉市に建設される美術館に展示される予定だそう。「アートも音楽もスポーツも、国境を超え、人々を繋いでくれる」 プライベートジェットでロシアW杯からapbankフェスを“はしご”して出た言葉。続けて「プロ野球球団を持ちたい」と願望を明かした。すでに千葉マリンスタジアムの命名権を10年間31億円で取得するなど、前澤氏とプロ野球界は遠からぬ関係。買収か創設かは不明だけど、ZOZO球団の実現する日は来るか?「撮影by前澤友作。この笑顔が大好き」 雑誌の現代アート企画で意気投合、女性セブンのスクープで熱愛が公になった剛力彩芽との交際。スキャンダルとは無縁だった剛力のオープンな交際ぶりに、剛力ファンのナインティナイン岡村隆史や明石家さんまなどからは苦言が寄せられたが、ラブラブ投稿は続行中。彼の愛に応える彼女の存在こそプライスレス!※女性セブン2018年8月16日号
2018.08.03 07:00
女性セブン
Twice hold showcase to promote their 5th mini album "What is Love?" in Seoul, Korea on 09th April, 2018.(China and Korea Rights Out)
韓国のTWICEになぜ日本の女子は夢中になったのか
 日本の中高生や大学生など若い女の子たちは今、とにかくK-POPのガールズグループが好きらしい。というふんわりした噂をきいて気にはなるものの、どこが好きなのか聞くに聞けない。そんな奥ゆかしい大人のために、K-POPのガールズグループ(GG)のディープなウォッチャーでもあるライターのまつど☆たまきが、日本の女子中高生はなぜTWICEの「TTダンス」に夢中なのかについて、やさしく解説する。 * * * 年々華やいでいく十代の娘さんの成長を、ときに気を揉み、ときに目を細めて見守るのは、21世紀の過保護な親世代の密かな楽しみでありましょう。そんな彼女たちが愛して止まない、韓国K-POPアイドルグループ「TWICE」をご存知でしょうか。 そういえばとCMで懐かしの故・西城秀樹さん(R.I.P)の『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』をキラキラ衣装でカバーしている9人組の少女を思い出す方もあるかもしれませんね。なかなかGJです。でも油断は禁物。「ああ、アレAKBじゃないんだ」なんて口走ろうものなら、愛する娘さんたちはあっという間にソッポを向き、次のお誕生日プレゼントのおねだりまで口を聞いてもらえなくなります。すっかり世のヒット曲にも疎くなった皆さんが愛される親の座を死守できるよう、今やJK、JCたちの憧れの的となったTWICEについて5分(?)で理解できるようサクッと紹介してまいりたいと思います。 おそらく大半の皆さんがTWICEの名前を知ったのは、昨年末のNHK紅白歌合戦出場あたりが初めてだったのではないでしょうか。あそこで披露された目の下に両手の人差し指と親指でT字を作って絵文字の涙目風に揺らす「TTポーズ」は、彼女たちの最大のヒット曲『TT』のキメのポーズです(ココ大事)。 TWICE世代の少女たちにとって、スクールカースト上位間違い無しのイケてる彼女たちがプッシュする、インスタ映えするカワイイ決めポーズや、最新ファッションは当然憧れの的。『TT』はハイティーンのちょっと背伸びした恋心を、キュートに歌い上げるキラキラでドリーミーな曲であり、子供の頃から馴染んだネットジャーゴンを織り交ぜることで、強烈に「自分たちの世代のモデル」であることを主張してきます。 これまでの日本のアイドルはどちらかと言えば男性ファンの愛着の対象であり、その視線は常に”推し”を応援してくれるファンへの感謝に振り向けられてきました。いわばそれはリアル版の「アイドルマスター」(※プレイヤーがプロデューサーになりアイドルを育てるゲーム)の世界であり、「私達」十代の少女はその視野にありませんでした。 ところが、韓国から来たこの9人のキラキラ少女たちは、キメキメのダンスと高い歌唱力を備え、自信に溢れたガールズライフを送る自立した「カッコカワイイ」ヒロインを演じます──同世代少女の憧れとして、恋と日常を切り開いていく「生インスタ」の中の人、いわば「リアル・プリキュア」なわけです。そんな今までになかった新しいアイドルの世界観に、日本の十代はすっかりハートを鷲掴みにされてしまったというわけです。 日本の十代がどれだけ夢中になっているかは、彼女たちのリアル(現実)であるスマホの中、たとえばSNSをのぞくと、すぐにわかります。「TTポーズ」写真や、振り付けを真似て「踊ってみた」動画がたくさん見つかります。K-POPのGGはSNSに写真や動画を積極的に出していますが、なかでもTWICEの韓国向けInstagramは1日に何枚も新しい写真が更新されるので人気です。その写真に「いいね」をつけ、「かわいい!」「大好き」というコメントを日本の少女たちが日本語、英語、韓国語と多言語で書き込んでいます。韓国語でカラオケを歌えるほどになっている女の子も珍しくありません。◆TWICEはK-POPガールズグループ第4世代 K-POPにおけるガールズグループ(GG)には、1990年代後半の勃興期から数えて大まかに四つの世代に分かれると言われています。2010年代に日本でも大ヒットを記録した少女時代やKARAなどが記憶にあると思いますが、彼女たちが世界にK-POPを知らしめることになったGG第2世代にあたります。 その後肌の露出やダンスの際どさを増して男性ファンの視線を釘付けにしたAOAやSISTAR、EXIDらセクシー系のグループは第3世代。そして、TWICEや日本上陸でもそのライバルとなるべく切磋琢磨しているヒップホップ派のBLACKPINK、清純派GFRIEND、『BBoom BBoom』の大ヒットで突如急浮上したMOMOLANDなど昨今新たなK-POPブームの機運を盛り上げてきているのが第4世代にあたります。 それ以前のお姉さんグループとTWICEら第4世代の最も大きな違いは何かといえば、支持層の変化です。それまでの第3世代はセクシー派であって二十代男性中心のファン層をキープしていました。対抗勢力として存在したのも「清純派」と呼ばれるApinkやLOVELYZら日本でもおなじみのスタイルであるブリッコポップ勢でしたから、やはり男性ファンの支持がチャートを動かしていたわけです。アイドル界はなんといっても十代少女の独壇場であったにもかかわらず、その熱意はずっと男性グループにだけ注がれていたわけです。 2015年前後からリアルタイムで同世代少女たちのライフスタイルを反映し、共感を得る新しい傾向のグループとして登場したのがTWICEら第4世代です。テレビ番組『SIXTEEN』で過酷なオーディションを経て選抜されたTWICEは、デビュー前の段階で多くのファンから共感を得ていました。デビューミニアルバム『THE STORY BEGINS』からの活動曲(K-POP用語で「シングルカット曲」)の『Like OOH-AHH』は、「みんな私のことをほっといてくれないの。可愛すぎるからよね」と高飛車に切り出す歌詞で始まります。それまでの世代が持っていた男性への媚びや遠慮を吹き飛ばす強烈な爆弾として打ち込まれました。 男尊女卑がまだまだ支配的な韓国社会では、声高に女性が権利を主張することは歓迎されません。しかし、あたまでっかちな権利や平等を唄うのではなく、”カワイイは正義!”を全面に押し出した勝ち気でなおかつキュートなTWICEのハジけた歌声とダンスは、少女たちが抱えていた鬱屈を吹き飛ばす応援歌……いや大げさに言えば革命のテーマソングとしてシーンに響き渡ったのです。同世代少女の憧れと期待を全身に引き受けてTWICEの快進撃が始まります。この破竹の勢いは「少女による少女のための少女革命」と呼ぶべき、K-POPの新局面を切り開くものだったと思います。 さて韓国内であっと間に不動のトップを奪取したTWICEですが、2017年には早速次の大きな目標が掲げられます──それが日本市場の開拓でした。◆日本を目指すK-POP そもそも韓国音楽市場は決して大きくありません。日本レコード協会の発表によれば、2017年の音楽売上を比較すると、卸価格ベースで韓国は4億9400万ドル(約550億円)、日本は27億2700万ドル(約3000億円)。だから韓国の芸能事務所は、より大きな市場である日本での成功を夢見て、わざわざ楽曲を日本語に吹き替えたバージョンや、日本オリジナルの楽曲をレコーディングし、コンサートやメディアインタビューなどの対応に備えて日本語会話のレッスンを怠りません。「日活」(日本活動)と呼ばれるこの市場の制覇を大きな目標として掲げているほどなのです。 実際、男性グループではドームツアーを展開するBIGBANGや東方神起、BTS(防弾少年団)やCNBLUEなどが稼ぎ頭として日本市場を席巻していますが、女子は10年前の第一期K-POPブームの頃に売れた少女時代やKARA以降、これと言った成功例がありませんでした。ですから、デビュー一年で韓国内トップとなったTWICEが日本市場突破の尖兵に挙げられるのは当然のことです。 TWICEの日本市場での成功が予見されていたのは、単に彼女たちの勢いが凄かったからだけではありません。9人のメンバーの中には3人の日本人メンバー(モモ〈平井もも〉、ミナ〈名井南〉、サナ〈湊崎紗夏〉)が含まれており、その構成の三分の一が既にジャパニーズグループであるという有利な条件があったからです。特にメインダンサーを務めるモモの切れ味鋭いダンスは、修練度の高いK-POPグループの中でも異彩を放つ存在感があります。また美貌が売りのサナは映画レビューサイトTC Candler制定の「2017世界で最も美しい顔100人」で21位にランクインするなど、キラキラ少女軍団9人の核として多くのファンの支持を得ていたのです。台湾出身の美形メンバー・ツウィも含めて、広くアジア各国にアピールできるメンバーを揃えたTWICEは、実はデビュー当初から日本進出を噂されるほどの国際グループでもあったわけです。 来日時には、日本人の三人が日本語MCとして多く表に立ちます。兵庫出身のミナ、京都出身のモモ、大阪出身のサナと、三人が全員、関西出身者ということもあって、K-POPアーティストのインタビューであるにもかかわらず関西弁が飛び交う不思議な”バイリンガル”状況が展開されるのも、またTWICEの隠れた魅力の一つと言えましょう。 さて、今後のTWICEの国内での活動ですが、今年の夏も8月1日(水)公開の映画『センセイ君主』のテーマソング『I WANT YOU BACK』を担当する事になっており、主演の竹内涼真とのコラボダンスビデオは、公開から半月で130万再生超える大注目のMVになっています。(すでに500万回も超えていますし、映画のヒットを後押ししてくれる、化け物じみた宣伝力と言えるでしょう) ちなみにこの曲は故マイケル・ジャクソンがかつて所属したジャクソン5の名曲のカバーで、高音部の張りや声量を求められる難曲──早い話がそうそう簡単にクリアできる曲ではありません。にもかかわらず、キュートなダンスと共に、英語原曲を見事に歌いこなしてみせるメインボーカルのジヒョ、ジョンヨンらのポテンシャルの高さは尋常なものではないと言えるでしょう。 もしかしたら、もう既に彼女たちの視線の彼方には、現在K-POP男性グループBTSが米ビルボードアルバムチャートトップ5入りの大活躍をしているように、アメリカの市場がうっすら見え始めているのかもしれません。
2018.07.15 07:00
NEWSポストセブン
第3次韓流ブーム 牽引する3組のアイドルグループ
第3次韓流ブーム 牽引する3組のアイドルグループ
 ペ・ヨンジュン主演の『冬のソナタ』など韓流ドラマが大人気となった第1次韓流ブームが2002年頃。さらに東方神起やBIGBANG、2PMなどのK-POPアーティストが人気を博したのが第2次韓流ブーム(2010~2011年頃)だとしたら、今は第3次韓流ブームなのだという。 このブームを牽引しているのは、3組のアーティストなのだという。筆頭は、9人組ガールズグループの『TWICE』。「Y!mobile」のCMでは、往年の『YMCA』の曲に合わせ、カラフルな野球のユニフォームや制服を着て踊っている彼女たち。昨年末には紅白歌合戦にも出場した。「TWICEはオーディション番組で勝ち上がった実力派です。ポイントは、ちょっと練習すれば踊れそうなダンス。日本人メンバー(ミナ、サナ、モモ)が3人いることもあり、これまでの韓国アイドル以上に親近感が持てると人気なんですよね。“日本人でもK-POPアイドルになれるんだ!”という、シンデレラガールとしての憧れもあり、若い女の子たちは夢中になっています」(女性誌ライター) 次に『防弾少年団』。昨年、米ビルボード・ミュージックアワードを受賞し、世界的に注目されている7人組ボーイズアイドルだ。「防弾の魅了は、なんといっても圧巻のダンスパフォーマンス。『刃物群舞』と呼ばれる刃物のようにキレのあるダンスは、従来の韓流アイドルと比べても、一段上を行く完成度です。それでいてメンバーには童顔が多く、みんな家族のように仲よし。公式SNSにはメンバー同士のわちゃわちゃした絡みが多くアップされ、ファンは毎日キュンキュンさせられています」(女性誌ライター) さらに楽曲や振り付け、曲構成まですべてをセルフプロデュースしている実力派13人組ボーイズグループ『SEVENTEEN』は日本デビュー前から人気が集中している。 韓国エンタメを20年間ウオッチしているK-POPライターのきむ・たくさんが言う。「とくにSEVENTEEN の売れ方には新しい風を感じます。これまでのK-POPアーティストは大手レコード会社に所属して、大々的にプロモーションをかけてきましたが、SEVENTEENは大きなプロモーションもせぬまま、日本デビュー前に横浜アリーナもさいたまスーパーアリーナも満杯にしています。日本デビューも大手からではなく自社の日本レーベルから、いわば、インディーズです。韓国で売れている実力派アーティストが、リアルタイムで日本でも売れるということなのでしょう」※女性セブン2018年5月31日号
2018.05.18 16:00
女性セブン
第3次韓流ブームが到来 中高生はハングルで秘密の手紙
第3次韓流ブームが到来 中高生はハングルで秘密の手紙
 5月中旬のある週末、東京・新大久保駅の改札付近は、多くの人でごった返していた。大久保通り方面へ足を向けると、道の両側には若い女性で溢れかえっている。大人数で来ている中高生らしき制服組も見かけられた。 チーズタッカルビの人気店『市場タッカルビ』の入り口にある90分待ちの札も、『アリランホットドッグ』のチーズドッグ目当ての長い行列も、もはやおなじみの光景。 彼女たちは韓流コスメで“オルチャン(美少女)メイク”を施し、屋台で買ったばかりのトッポッキやホットク(韓国の定番おやつ)を手に、スマホで自撮りしている。第2次韓流ブームが過ぎ去った後、しばらく閑散としていたこのエリアに、一体何が起こっているのだろうか? 今、韓国がアツイ。といっても、その兆しはすでに昨年から始まっていた。昨年8月に発売された『ViVi』(講談社)の韓国特集をきっかけに、10~20代のファッション雑誌では続々と韓国女子風メイクとファッションがトレンド企画となった。 昨年末に発表された『JC・JK流行語大賞』では、ヒト部門の1位に「TWICE」が、モノ部門の1位に「チーズタッカルビ」が選ばれるなど、韓流ワードが上位に。 そしてこの春、『CLASSY.』(光文社)や『BRUTUS』(マガジンハウス)、『フィガロジャポン』(CCCメディアハウス)などもこぞって韓国大特集を組むほど、ブームは広がりを見せている。韓流に詳しいある女性誌ライターが語る。「そもそも韓流ブームの始まりは、ぺ・ヨンジュン(45才)主演の『冬のソナタ』(2002年)をはじめとする韓流ドラマ。作品や出演俳優にハマった中高年女性がロケ地を訪れるなど社会現象になりました。そして東方神起を筆頭にBIGBANG、2PMなど韓国アーティストが人気を博したのが第2次韓流ブームです(2010~2011年頃)。 その後、竹島問題など日韓関係が冷え込んで韓流ファンは肩身の狭い思いをしてきましたが、昨年から10代の女子中高生を中心とした若い世代に第3次韓流ブームが起きています。うちの娘が通う大学でも、韓国語クラスは人気のあまり、受講するための抽せんが行われているほどです」 月の半分は韓国に住みながら、韓国のコーディネーター・ライターとして活躍する東山サリーさんも、「第3次ブームは今までにないほど低年齢層が牽引している」と話す。「今、インスタグラムで『#韓国人になりたい』と検索すると、1万件以上がヒットするんです。彼女たちは韓国=おしゃれ、かわいいという認識。コスメもファッションも、(9人組ガールズグループの)TWICEみたいにかわいくなって、イケメン韓国男子とつきあって、おしゃれなところで写真を撮りたい…っていうライトな感覚ですね。驚くのは、今の中高生はハングルが操れること。ハングルを使って、友達と秘密の手紙を書いたり、ノートに自分の名前を書いたりするそうですよ」※女性セブン2018年5月31日号
2018.05.17 16:00
女性セブン
女性セブン2017年43号の当該記事以外使用NG
弱小事務所からブレークの防弾少年団「コネではなく実力」
 今、韓国の中高生に好きなアイドルを聞くと、東方神起でもBIGBANGでもなく、ほとんどが防弾少年団の名前を挙げるという。メンバーはRAP MONSTER(23)、SUGA(24)、JIN(24)、J-HOPE(23)、JIMIN(22)、V(21)、JUNGKOOK(20)の5人だ。「この1年、ゴールデンディスクアワードやソウル歌謡大賞など、韓国を代表する音楽賞を軒並み受賞し、テレビに出れば視聴率は跳ね上がる。間違いなく彼らが韓国芸能界の中心にいます」(韓国のスポーツ紙記者) 9月に発売した新アルバム『LOVE YOURSELF 承‘Her’』はアメリカのビルボードチャートで6週連続ランクインし、日本でもオリコン初登場1位を記録。 デビュー4年目を迎え、世界のミュージックシーンを席巻している防弾少年団だが、一体何がそんなにスゴいのか。「ひと言でいえば、圧倒的なダンスパフォーマンスと歌唱力、そしてラップ技術です。韓国アイドル全般にいえるのですが、彼らはデビュー前に超過酷な練習生時代を経験しています。1日10時間の練習は当たり前。歌、ダンス、そして語学まで徹底的に叩き込まれてデビューを迎えている」(韓国の芸能関係者) そこまでならば、他の韓国アイドルと同じ。特筆すべきは、彼らの所属する「事務所」にあるという。「ハッキリ言って、無名の弱小事務所です。韓国の音楽界は、東方神起やSUPER JUNIORを擁するSMエンターテインメント、BIGBANGやiKONの所属するYGエンターテインメントといった大手芸能プロダクションがメディアに対して、強い影響力を持っている。小さな事務所で活躍するのは至難です。 だからこそ、防弾少年団は人一倍努力した。海外に武者修行に行き、メンバー全員が作詞作曲できるようになるまで、貪欲に音楽を学んだ。『コネクションではなく実力で勝つんだ』という意識が極めて強いグループなんです」(前出・韓国の芸能関係者) 実際、メンバーは「いかにクオリティーの高いステージを届けるか、という一点だけを考えている」と常々公言しており、その言葉通り、彼らのステージは圧巻のひと言。長い下積み時代を経て下剋上を果たした7人は、そのキャラクターも実に魅力的。秀才のリーダーから不思議系イケメン、怪力の末っ子まで、7色の輝きを放っている。※女性セブン2017年11月23日号
2017.11.09 07:00
女性セブン
滝沢カレンも実践!出雲の「痩神様」漢方茶で5日で4kg減
滝沢カレンも実践!出雲の「痩神様」漢方茶で5日で4kg減
ワニを欺いたことがバレて、毛をむしられた白兎。自業自得ながら、泣き憂う白兎に優しく手を差し伸べたのが、“大国主大神”である。国造りの神として知られる出雲の神様。実はそんな彼の地に、自身の体形に泣き憂うぽっちゃりさんたちに手を差し伸べる“新たな神”がいた──。縁結びで有名な島根県・出雲大社。年間200万人もの参拝客が訪れる人気観光スポットだが、この日は猛威をふるった台風21号が通過した直後ということもあり、人影もまばら。玉砂利を踏みしめる音と鳥のさえずりしか聞こえない静かな境内は、歩くだけでご利益がありそうな…。神無月のこの時期(旧暦10月)、出雲だけは神在月と呼ばれる。大国主のもとに国中の神社から神々が集っているのだから、そのパワーもきっと強大に違いない。しかし、今回の旅の目的は、別の神様に会うこと──出雲の新パワースポットともいえる、“やせる神”「痩神」詣だ。出雲縁結び空港から車で15分ほどにある斐川中央クリニック。同院の下手公一院長こそが、これまでに約3万人の減量の手助けをしてきた「痩神」である。下手院長のメソッドは、漢方茶と緩やかな糖質制限を組み合わせたもの。漢方茶には基礎代謝を上げて、食欲を抑える効果があるという。そんな“やせる漢方茶”の噂を聞きつけ、数年前から美容関係者やモデルなどがはるばる出雲まで足を運ぶようになった。人気モデルの滝沢カレン(25才)もかつて同クリニックのやせる漢方茶を飲んでいたとテレビで語っている。同クリニックの痩身術の体験者で、3か月で7.5kgの減量に成功した女性誌『美ST』の美容ライター・大山真理子さん(40才)が語る。「会う人会う人に、“実際、どうなの? 効果あるの?”って聞かれましたね。私がやせたのを確認してから、周りの人々も続々と出雲に行き始めました(笑い)」大山さんは3か月で漢方茶をやめ、食事制限もない生活に戻したが、リバウンドすることなく1年以上が経過しているという。「従来の糖質制限ダイエットって、顔やデコルテラインがげっそりしてしまいがちなんですが、漢方の影響からか、やせてもハリを保ったままですし、以前より肌がきれいになったって褒められるんです。見た目もきれいにやせられるのが、40代以上にとってはありがたいダイエットですよね。友人には、婦人科系の病気の数値が劇的に改善したと喜んでいる人もいました」(大山さん)現在、同クリニックの新規予約は10か月待ち。「痩神」のありがたい“お告げ”を聞くため、本誌・女性セブン記者(43才・中年太り激化で、現在58.6kg)が急遽、出雲へ飛んだ。◆ぼくがパワースポットクリニック内は、天窓のステンドグラスから明るい光が差し込み、開放感がある。A4用紙裏表にびっしり100問ある健康調査票を記入し、検尿も済ませてもしばし待つことに。混雑時は80人のソファ席が満席になるというが、この日は30人ほどが待機。そのなかには、下手院長の著書『漢方医が教えてくれたズルしてもヤセる秘密の食べ方』を熱心に読みふける人もいる。受付から待つこと1時間。いよいよ痩神とのご対面だ。部屋に入っただけで、神のエネルギッシュなオーラがビンビンに伝わってくる。下手院長は「ぼくがパワースポットって言う人もいるよ」とニッカリと笑い、診察がスタートした。「ぼくが推奨するダイエットは、糖質制限と基本的な考え方は同じです。ただ、ぼく自身が我慢や面倒なことが苦手だから、誰でも無理なく続けられるよう、やるべきことを最小限にしてあるの。漢方茶は糖質制限の食事法のサポートに活用しています。漢方茶によって、血流のめぐりをよくして体を温め、発汗して交感神経が優位になって基礎代謝が上がるからやせやすくなる。また漢方茶は整腸や精神安定も考慮して配合しているから、ストレスなくダイエットを続けられるメリットもあるかもしれない」ルールはシンプル。漢方茶を食前や空腹時に飲むことと、炭水化物やお菓子、お酒など一部の食事を控えることということだ。下手院長によれば、炭水化物は白米、パン、うどんはNGだが、そば、パスタはOK。お酒もビール、ワイン、日本酒はNGだが、ウイスキーなどの蒸留酒はOK。たんぱく質不足は体調を崩しかねないので、おかずはいくらでも食べていいという。そんな“ゆる~い”糖質制限なら、食べることが大好きな記者でも続けられそうな気が。「この方法でやせなかった人はいないから安心して。あなたなら1か月3~4kg減らせるね。目標の体重51kgも余裕でしょう。70代のおばあちゃんだって、健康的にやせられているんだから大丈夫だよ!」しかも、一度軌道に乗ってしまえば、漢方茶の摂取をやめても特に問題はないという。「ぼくは医者だから、健康を度外視して、ただやせさせることはしていません。自律神経がおかしくなってしまうとか、カサカサになるといったダイエットは間違いなのです。やせたいならまず健康にならないと意味がありません」普段、ダイエッターを公言しつつも面倒なことが大嫌いで諦めがちな記者にも優しく手を差し伸べる姿は、白兎を助ける大国主大神にも重なる。帰京後、初めての漢方茶を飲んでみた。作り方は、パックの麦茶の煎じ方と同じ。鉄以外のやかんか鍋に、1日分の煎じ薬と水1 リットルを入れ、ふたなしで火にかける。沸騰したらとろ火で煮出すこと40分。部屋中にぷわ~んと甘い香りが立ってくる。水筒に注ぎ終わった後、ドキドキしながら一口。なつめのような甘さと、舌の先にちょっとした苦みとえぐみが感じられる。でも、熱々で飲むとそこまでまずくはない。イケるかも?と思ったのもつかの間、少しぬるくなってから飲むと苦さとすっぱさがどんどん立って来る。人によっては氷水で薄めたりするそうだが、記者は断然熱々派。漢方茶生活5日目、すでに4kg減と“ご利益”が出始めている。会食中に、あの神の笑顔がふっとよぎる。すると、白米に手をつけなくなるから不思議だ。痩神様の力、恐るべし!※女性セブン2017年11月16日号【関連する記事をチェック!】●脂質を落とすなど注目の漢方薬 利用するための正しい知識●【オバ記者連載5】漢方に挑戦!早朝の空腹感が解消される●BIGBANGのT.O.Pは40日間で20kg減!やせすぎ注意の「あずき水ダイエット」●飲んでキレイを作る。「まかないこすめ」から「めぐりめぐる美茶」が登場●珍しい“シングルオリジン煎茶”が気になる!三軒茶屋にバリスタスタイルの日本茶専門店登場
2017.11.07 12:00
8760 by postseven
世界で人気のG-DRAGON、日本のファンにすべてさらけ出す
世界で人気のG-DRAGON、日本のファンにすべてさらけ出す
 BIGBANGのリーダー・G-DRAGONが、ソロとして2度目となるワールドツアーを敢行。アーティストとしてではなく、素の自分が心から伝えたかった思いを形にしたという、白熱のツアー最終日の模様を、彼の“言魂”がこもった肉声とともにお届けします。「自分のことを話すのは恥ずかしいし、ちゃんと伝わるか不安もあった」――今や世界中にファンを持つトップスターが、日本のファンを前にすべてをさらけ出してくれた。BIGBANGとしてデビューして11年。「いいこともあるけれど、大変なこともあります。でも、(メンバー)1人1人、いい人間なんです。本当にみなさんを愛しています」 そう語るリーダーの思いはファンの胸を熱くさせた。メンバーのうち4人は年明けにも入隊が見込まれている。T.O.Pは残念ながら不在だが、入隊前最後となるBIGBANGのドームツアーでは、さらなる高みのパフォーマンスを見せてくれるだろう。 韓国で渋滞に巻き込まれて出国がギリギリになり、スーツケースを預けられなかったというV.I。「GDさんが洋服を貸してくれたけど、おれ、こんな格好で、どこ行くねん! キャップも前が全然見えなくて、事故るでしょ!(笑い)」。 加えて、「年末、BIGBANGでドームツアーやりまーす!」とV.Iからうれしい発表が。 ちょっとポッチャリになったV.Iは、「年末までにやせてくるからさ、見捨てないで待ってて。かっこよくなって、戻ってくるから!」と宣言。G-DRAGONは「ドームツアーを終えるとしばらく長いブランクに入ります。悔いのないように、素晴らしいパフォーマンスをお見せしたい」。 BIGBANGの4大ドームツアー・「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-」は11月18日から12月23日まで行われる。撮影/平野哲郎※女性セブン2017年10月12日号
2017.10.02 07:00
女性セブン
女性セブン33号の当該記事以外では使用NG
東方神起のすごさ 嫌韓事情やファンの生き方さえ変えた
 800日におよぶ兵役の苦難を乗り越えて、一回り大きくなって帰ってきた東方神起。忘れてはならないのが、この間に成長したのは2人だけではなかったということ。 一日千秋の思いで再始動を待ち続けたファンにとっても、東方神起に会えない日々は、自分を見つめ直すまたとない機会になっていた。「韓国語をもう一度勉強し直したり、ツアー代を貯金するために一生懸命パートで働いたり、ファンにとって“自分を高める”期間になったんです。私も、今後は英語圏のファンとも交流できるように英会話の勉強を始めました。だって、2人があれだけ頑張ってるんですから。いつも元気をもらってばかりじゃダメ。2人が帰ってきたときに、“私たちも成長したんだよ”っていう姿を見てほしいんです」(ファンの1人) 東方神起の再始動を「盆と正月が一緒に来た」と話す生粋のトンペン(東方神起ファンの呼称)、作家の北原みのりさんもその一人。「“きちんと生きよう”と。そういう気持ちで2年間過ごしていました。厳しい軍隊生活の中、聞こえてくるユンホの話って、嘘みたいに素敵な話ばかりなんです。(射撃、体力、精神力、戦闘力、すべての科目で90点以上を達成したものに与えられる)“特級戦士”もそうだし、誰よりも働いて、いちばん早く起きていちばん最後に寝る、とか。それを聞いてしまうと、自分だけ怠けてるなんてできない。いないのに、ファンの生き方さえ変える。これが東方神起の存在感なんです」(北原さん) 数多のK-POPアイドルが日本デビューを果たしている中、東方神起だけが異次元の人気を誇る理由も、同じところにあるという。「分裂騒動があって、いろんなバッシングを受けながら、彼らは何があっても反論しなかった。つらい過去を持ちながらも、人間性が一切歪んだりしない。いまだに誰よりも腰が低く品行方正で、努力家。ライブではステージの端から端まで駆け抜けて、お客さんの1人1人を全力で楽しませようとする。その姿は光そのものだし、何よりも“正しさ”がある。 性別を超えて、ああいう人間になりたいという憧れ、いわば人生の目標にまで昇華されていく。好きという感情を通り超えてしまうんです。もはや仮想の国というか、私たちファンは『東方神起国』の国民であって、チケット代なんて税金みたいなもの。当然の義務として払っています」(北原さん) 近年、BIGBANGのT.O.P(29才)が大麻吸引で逮捕、SHINeeのオンユ(27才)がセクハラで逮捕など、韓流スターの事件が相次ぐ中、東方神起だけはこの手のトラブルとは無縁である。◆東方神起はもはやJ-POPのひとつ 2012年8月、李明博元大統領の竹島上陸を機に日本で過熱の一途を辿った嫌韓ブームの最中でさえ、東方神起とファンの絆は変わらなかった。「知人の中には、会社のデスクに東方神起の写真を貼っていたら、上司に“剥がせ”って言われた人もいました。その上司が露骨な嫌韓で。ひどい話だけど、逆にファンは結束を深めていましたね。肩身が狭くなるほど親密になるというか。それに、東方神起の人気はもうそんなことで揺らぐようなレベルじゃなかった」(北原さん) 事実、東方神起がこの数年の嫌韓ブームを変えたという見方さえある。8月21日の復帰会見の模様はヤフーのトップページに掲載されたが、「珍しい現象が起きていた」と言うのは、あるIT系ジャーナリスト。「瞬く間に1000件を超えるコメントがついたのですが、“おかえりなさい”とか“ずっと待っていました”とか、ほとんどが好意的なものでした。極めて異例のことで、いまだ嫌韓が根強いネットの世界では、韓流アイドルの記事がヤフーに上がるだけで、口に出すのもおぞましい人種差別コメントで埋め尽くされるのが日常なのです。 その中で、“一括りに韓国をバッシングするのは間違い”とか“この2人は別格”といったコメントも相当数あった。東方神起によって日本人の韓国への考え方が変わってきていることを実感します」 韓国好きで知られ、江原道(カンウオンド)の広報委員を務めるタレントの大桃美代子(52才)も、東方神起の影響力をこう話す。「私が2005年に韓国に短期留学していた時から、現地での東方神起の人気は凄かった。その後日本デビューして、小さな会場から這い上がっていったわけですが、彼らの人気をなぞるように、日本と韓国の文化的交流が進んだ面はあると思います。 東方神起のすごい所は、MCも含めて全部日本語でこなし、もはやJ-POPの1つになっていること。国を超えたスターなんです。日韓が政治的に難しい問題を抱える中、“良いものは良い”と素直に認める空気ができたのは、東方神起のおかげ。彼らの活動が国を繋いでいるんです」 この2年間、東方神起のアルバムを聴き、DVDを見ながら、復活に向けて気持ちを高めてきたという大桃。「この間は(東方神起が所属する)SMエンターテインメント本社ビルの1階にあるカフェに行って、“東方神起アイスラテ”を飲んだりして(笑い)。2人の存在が日々の活力です。毎回想像を超えるステージを見せてくれるので、復帰ツアーは絶対に行きたい。そのパフォーマンスの素晴らしさが伝わり、韓国に興味を持つ人が増えてくれたら嬉しいですね」(大桃) 7月に行われた同事務所のアーティストが一同に集うライブイベント・SMTOWNにソロで参加したユンホは、最後まで「ただいま」の一言を言わなかった。東方神起として帰ってくるその日までは――彼の中に、そんな思いがあったのかもしれない。運命の再会まであと2か月。神がまもなく帰還する。※女性セブン2017年9月14日号
2017.09.05 07:00
女性セブン
T.O.P大麻吸引「よりによってあんな女と…」とファン凹む
T.O.P大麻吸引「よりによってあんな女と…」とファン凹む
 年間ライブ観客動員数180万人。これは2016年に国内ツアーを行った全アーティストでダントツの記録である。今や“日本一”のモンスターグループとなったBIGBANGだが、6月以降、悪夢に見舞われている。グループの“ビジュアル担当”ともいわれるT.O.P(29才)が、大麻使用で書類送検されていたことが発覚したのだ。 ファンがショックを隠しきれないのは、一連の騒動に“女の影”を見たことだ。そもそもT.O.Pに捜査の手が伸びたのは、一緒に大麻を吸引した女性が先に逮捕されたことだった。「この女性は元アイドル候補生のH(21才)で、彼女が事情聴取で“T.O.Pと一緒にやった”と話したことが全てのキッカケ。それ自体は仕方ないにしても、問題はHの過去。韓国のトップアイドルに近づいてはインスタグラムにツーショットを上げまくるという女性だったのです」(芸能関係者) 確かに彼女のインスタグラムを見ると、SHINeeやSUPER JUNIORのメンバーなど、トップアイドルとのツーショット写真のオンパレード。 中には“アンチ”へのメッセージとおぼしきこんな挑発的なコメントも綴っていた。《くそったれ女どもめ。私はたくさん抱かれてキスしたよ。お前達の大好きな兄さんたちと。お前達はできないでしょ?》 40代女性ファンが語る。「大麻だけでもショックなのに、よりによって、あんな女と…。T.O.Pはこれまで女性絡みのスキャンダルがほとんどなかったので、余計にへこみました。今まで彼と噂されたのは清純派女優のシン・ミナ(33才)くらいだし、イメージが違いすぎ。私の周りのファンもみんな言っています。あの女はないだろ!って」 T.O.Pは転院した9日、兵役勤務の職務を解かれた。兵役中に起訴された者は、判決が確定するまでの間、服務規程から外れる規則があるからだ。 初公判は今月29日。法廷で語られる彼の言葉を、ファンは複雑な気持ちで待っている。※女性セブン2017年6月29日・7月6日号
2017.06.21 07:00
女性セブン
BIGBANGのT.O.P 大麻吸引、うつ病…「宇宙人」の暗部
BIGBANGのT.O.P 大麻吸引、うつ病…「宇宙人」の暗部
「こんにちは~。タプで~す! 会いたかったで~す!」。これだけのフレーズで、会場のファンはお約束のように爆笑する。メンバー間で唯一、日本語が不得手。MCでしゃべるのは、ほとんどお決まりのセンテンス。カンペが見えないと慌ててしまう。独特のテンポと噛み合わないコミュニケーションで「宇宙人」「赤ちゃん」とメンバーからいじられ、ダンスもいまひとつ…。 だが、ひとたびソロ場面になれば、魅惑の超低音ボイスとキレッキレのラップで会場の熱気を全て持っていき、映画に出演すれば学徒兵から詐欺師、殺し屋まで完璧な七変化を見せる。それがBIGBANGのT.O.P(29才)だった。「ギャップなんです。彼の魅力は。181cmの長身にあのイケメン顔、でもどこか抜けていて、かわいくて格好よくて…。だからこそ、こんな彼は見たくなかった。こんな形でギャップを見せてほしくなかった」(40代ファン) T.O.Pが意識不明の状態でソウル市内の病院に搬送されたのは、6月6日未明のこと。主治医によれば、原因は精神安定剤の過剰摂取。昏睡状態が48時間以上続き、ようやく意識を取り戻したのは8日夜のことだった。「一時は低酸素症と呼吸器不全を併発し、脳への損傷が心配されるほどでした。集中治療室で医師が懸命な治療を続け、ようやく目を覚ましたのです。9日に転院しましたが、まだ体調は万全とはほど遠く、車いすで生活しているようです」(韓国の全国紙記者) T.O.Pはこのひと月で人生の坂道を転げ落ちた。発端は6月1日、彼が大麻使用の疑いで書類送検されていた事実を韓国メディアが報じたことだった。 報道によれば、昨年10月以降、T.O.Pは20代女性と一緒に自宅で大麻を吸引。当初、本人は事実関係を否定していたが、警察の毛髪鑑定と尿検査で陽性反応が出ると、一転して容疑を認め、4月末に書類送検されていたのだという。「彼は2月から兵役中でしたが、大麻吸引は入隊前の出来事だとして、報道後も勤務先(ソウル地方警察庁広報担当官室楽隊)に出勤していました。しかし5日に在宅起訴されたことで、第四機動団に異動させられています」(前出・韓国の全国紙記者) 報道を受けて、T.O.Pは「数千回、数万回以上繰り返し反省し、また反省しながら、深く悔やんでいます」とコメントを発表。◆彼を知る関係者からは… 緊急搬送されたのは、その矢先の出来事だった。連日連夜、病院前に報道陣が押し寄せるという大騒動の過程で、図らずもT.O.Pの知られざる素顔が続々と明かされている。「入院中、T.O.Pの叔母がメディアに登場し、彼が長年うつ病とパニック障害を患い、精神安定剤と睡眠薬が手放せない生活だったと話したのです。これにはファンも驚きました。あのつかみどころのないT.O.Pが、薬を常用するほどの心の病を抱えていたとは…と」(在韓ジャーナリスト) 大麻吸引も含め、「彼のキャラクターと『薬』というキーワードはなかなか結びつかない」というファンの声は多数聞こえた。一方、T.O.Pをよく知る芸能関係者はこう話す。「彼は一言でいうなら芸術家肌。趣味は絵画鑑賞で、自宅には美術館並みの絵画があるといいます。SNSでもモネやダ・ヴィンチなどの作品を頻繁にアップしている。感受性が極めて豊かで、人一倍繊細な人間です。芸能界という不安定な世界に身を置き、心が疲弊することはあったはず。彼はただ、プロ意識ゆえにそれを見せなかっただけなのでしょう」 彼の繊細さや寂しがり屋の一面を示すこんなエピソードがある。昨年4月、ドラマの撮影で2か月のドイツロケに臨んだ時のこと。「撮影の途中、深刻なホームシックになってしまったのです。この時はメンバーのSOL(29才)が心配のあまり、直筆の手紙を書いています。“ヒョン(兄さん)がつらそうで心配しています。元気出してください”という内容で、受け取ったT.O.Pは思わず涙したとか」(前出・芸能関係者) 大麻吸引は決して許されることではないが、薬を常用せざるを得ないほどのメンタルの不安定さが、元来T.O.Pにはあったのだろう。※女性セブン2017年6月29日・7月6日号
2017.06.15 07:00
女性セブン

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン