芸能

西城秀樹さん 歌手復帰目指した“不屈のリハビリ生活”

復帰への強い意志が感じられた(時事通信フォト)

 ヤングマンは最期まで立ち上がろうとしていた。『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』や『傷だらけのローラ』などのヒット曲で知られる歌手・西城秀樹さん(享年63)。突然の訃報の裏で、病魔を克服し、もう一度、歌手としてステージに立ちたいと願っていた西城さんの“不屈のリハビリ生活”が明らかになった。

 2001年に結婚後、2男1女の子宝に恵まれ、幸せ絶頂だった西城さんに異変が訪れたのは2003年だった。

「韓国での公演中に脳梗塞を発症し、2011年に再発。言語障害と右半身麻痺の後遺症が残ったものの、リハビリの専門病院に通院して歩行訓練や筋力強化トレーニングなどをひたすら続けていました。一方で『構音障害』という呂律が回らなくなる後遺症を克服するために毎日、子音と母音を繰り返す発音練習にも取り組んでいました」(知人)

 懸命なリハビリの甲斐あって、昨年には自力歩行できるまでに回復。その後も1日数時間の歩行トレーニングと神経再生のための鍼治療を受けていたという。

 本誌・週刊ポストはそうした情報を受けて昨年6月、西城さんのリハビリ現場を取材させてほしいと申し込んだ。その際、事務所関係者はリハビリの様子をこう明かした。

「家族の支えがトレーニング継続の重要な原動力になっている。本人は歌手としての完全復帰に向けて週2~3日程度、精力的にリハビリに取り組んでいる」

 前向きな反応だったが、1週間後、事務所の返答は「取材は受けられない」だった。

「真剣勝負であるリハビリの場に記者やカメラマンが張り付くことを本人が気にしている。『熟慮した結果、今は遠慮してほしい』とのこと。また時期を改めて相談したい」(同前)とのことだった。

 取材は実現しなかったものの、間接的に伝えられた西城さんの想いは、完全復活に向けた強い意志の表われと感じられた。

 だが、西城さんの願いが叶うことはなかった。

「病気発症後は1日3~4箱吸っていたタバコも止め、家族の支えにいつも感謝していました。体も言葉もなかなか以前のようには戻らないことに対して、本人はもどかしさも感じていたようですが、弱音を吐くことも諦めることも決してありませんでした」(前出・知人)

『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』の歌詞を体現するような西城さんの諦めない姿に、ファンはいつまでも勇気づけられることだろう。

※週刊ポスト2018年6月1日号

関連記事

トピックス

1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン
過度な束縛と暴力性があった伊藤被告(SNSより)
《懲役18年判決・横浜女子大生ストーカー殺人》「お腹をグーで…」元恋人が伊藤龍稀被告を断ち切れなかった背景に“暴力”と“脅し”「別れたらどうなるか知らないよ」「破局後もバイト先までつきまとい」
NEWSポストセブン
イベントに登壇した草笛光子、唐沢寿明ら出演者たち(撮影/浅野剛)
【映画『九十歳。何がめでたい』が公開】“百歳”佐藤愛子さんが“九十歳”草笛光子に宛てた手紙「まだまだ、お若いと…」 
NEWSポストセブン
関係者が集うG1のパドック。笑顔でジョッキーと最後の確認(6月2日、安田記念)
蛯名正義・調教師が落馬事故について考察 ジョッキーは危険な職業「仲間の事故なんて二度と見たくない」
週刊ポスト
問題となったポスターを貼る、桜井MIU(SNSより)
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》自らの“みだら写真”を貼った女性は迷惑防止条例違反にあたるのか 弁護士の見解は
NEWSポストセブン
どんな治療を選択すべきか、寄り添ってくれる医師の存在は重要。(写真/Pixta)
【がん治療】欧米で広く取り入れられる、直ちには切らない「監視療法」 日本では国民皆保険制度で手術費用が安く「切りましょう」が基本に
女性セブン
詐欺容疑で逮捕された今野容疑者(左)と辻容疑者(右)
【逮捕】元国会議員で弁護士の今野智博容疑者が名義貸しで着手金1割をポケットに「何もせずに5000万円」の大儲け 法曹界隈で有名だった「グレーな金稼ぎ」の実態
NEWSポストセブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン