芸能

NEWS加藤シゲアキ 5月のライブで語った「崖っぷちな時」

「崖っぷちな時」を語った加藤シゲアキ

 未成年女性への飲酒強要報道により、小山慶一郎(34)は活動自粛、加藤シゲアキ(30)は厳重注意処分となり、渦中にあるNEWS。8月11、12日には、味の素スタジアムにて15周年記念ライブが行われることも発表されているが、そんな彼らは、5月20日に行われた全国ツアーファイナル公演のMCで、グループとファンへの思いを語っていた。

 先陣を切ったのは、小山だった。2011年に主要メンバーだった山下智久(33)と錦戸亮(33)が脱退し、4人体制になったときのことを振り返り、「当時は“イチゴのないショートケーキ”なんて言われたんですけど、そのときじゃあ最高のスポンジケーキになってやろうと思ったんです。イチゴになるのは、ファンのみなさん。そうしたら、どこでも見たことのない、素敵なショートケーキができると思うんだ! 15周年だからイチゴだね」と、笑顔で呼びかけた。

 続く増田貴久(31)も、「(グループ活動休止で)ずっと活動できていたわけじゃないけど、もう15年も経ったんだなという気はしています」とポツリ。「支えてくれているファンの方のために、自分のできることをやって突っ走ってきたつもりです。そうして4人で、また新たなステップに行けるようにするので、15周年以降もついてきてもらえたら」と語った。

「ぼくの番っすか?…別に」と、はぐらかして笑いを誘った手越祐也(30)も、15年という時の流れを実感している様子で「最年少の俺でもまだ30才。若く見られるけど、俺らって経験積んでるよね。キャスターとか作家とか、それぞれのフィールドを持ってるし」とメンバーの芸達者ぶりを語りつつ、次のライブに思いを馳せていた。

 そして、加藤は、「あいさつは公演後にブログでやって」(手越)と言われたり、ステージに取り残されたりといったメンバーの“いじり”にあいながらも真剣な表情で、「15周年といっても虫食い状態というか。(グループ活動休止で)間が開いている時期もあって、崖っぷちな時も正直ありました。けど、そういう場面で支えてくれたのはみなさんだと思う」とファンに感謝。

関連記事

トピックス