国際情報

メーガン妃にキャサリン妃がイラッ、英国王室「嫁嫁戦争」

7月のウィンブルドン観戦で初の2ショットを披露(写真/Getty Images)

 近頃、イギリスの王室では、プリンセスの間に不穏な空気が漂っているという。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「この5月にヘンリー王子と結婚したメーガン妃(36才)に対し、ウイリアム王子の妻・キャサリン妃(36才)がイライラを募らせているといいます。というのも、最近のエリザベス女王はメーガン妃を明らかに贔屓するような言動が目につきます。一方、女王とキャサリン妃の間には距離がある。複雑な思いがあるのでしょう」

 最初にキャサリン妃が“女王のメーガン贔屓”にショックを受けたのは、昨年12月の英王室のクリスマスパーティーに、結婚前だったメーガン妃が招待されたことだったという。それまでは配偶者でないと声がかからず、キャサリン妃自身も結婚の翌年まで招かれなかった。しかし、メーガン妃には婚約中に招待状が届き、王族との晩さん会に出席してプレゼント交換をした。

 5月に結婚式を挙げると、贔屓はさらに加速。6月13日、エリザベス女王は自身の公務にヘンリー王子抜きでメーガン妃を同行させ、さらにはロイヤルトレインと呼ばれる蒸気機関車にも同乗させた。キャサリン妃はもちろん、2人の王子も公務で乗車したことはなく、“特別待遇”に周囲は驚いたという。

 さらに、6月26日には英国で活躍する若者を支援する『ヤング・リーダーズ・アワード』にヘンリー王子とメーガン妃が出席した。これまではエリザベス女王が熱心に打ち込んでいたイベントだが、今後は夫妻が引き継ぐ予定だと報じられた。ちなみに、キャサリン妃はこのイベントに一度も招かれたことがないという。

「エリザベス女王とキャサリン妃は、結婚間もない頃から不仲が盛んに報じられました。エリザベス女王はいずれ国王の妻となるキャサリン妃に、王室の一員として勤勉に公務を果たしてくれることを求めていた。

 しかし、キャサリン妃は結婚前、王子とのデートを優先させるため定職に就いていませんでしたし、結婚後も子育てに専念するため公務は控えました。それなのに、プライベートでは王子とテニス観戦をしたり、友人を宮殿に招いたため、エリザベス女王は“優先順位が違う”と怒った。“怠け者のケイト”とあだ名を付けるほどいらだちを感じていたそうです」(前出・多賀さん)

 メーガン妃は、そんなキャサリン妃とは対照的だった。

「女王はメーガン妃の意欲を高く評価しています。アメリカ人のメーガン妃は、結婚前にイギリス国教徒に改宗し、英王室へのリスペクトを見せました。これは婚約会見でヘンリー王子が明かしたエピソードですが、エリザベス女王とメーガン妃が初めて会ったとき、女王が飼っているコーギー犬がしっぽを振りながらメーガン妃に近づいたそうです。その犬は王子に対しては激しく吠えるそうで、女王はさらにメーガン妃を信用したといいます。また、メーガン妃が慈善活動に熱心で、ジェンダーや人種の平等について積極的に意見を発していたことも、好印象なのでしょう」(前出・多賀さん)

 女王が彼女に特別に目をかけるのは、ダイアナ妃の死への反省と、王室の将来を見据えた考えもあるという。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン