ライフ

食材価格高騰対策、きのこ・卵・トマト・きゅうりの冷凍法

冷凍きのこの具だくさんみそ汁

 連日続く記録的な猛暑。西日本大豪雨に続く異常気象で野菜の価格が高騰し、家計に大きな影響を与えそうだ。そんな時こそ、食材の冷凍をおすすめしたい。冷凍すると、食感が悪くなったり味が落ちるのでは、と思われがちだが、実はその逆。むしろ冷凍することで食材の鮮度を保ち、おいしくなる方法があるという。

 冷凍食品会社に勤務し、冷凍に関する知識を深めた後独立。現在、冷凍生活アドバイザーとして活躍する西川剛史さんに食材の冷凍について聞いた。まず、きのこの冷凍は?

「日持ちしないきのこ類も冷凍に最適。冷凍することできのこの細胞が傷つき、うま味成分である“グアニル酸”が増えるといわれています」(西川さん、以下「」内同)

【きのこ】
◆オススメの冷凍法
【1】複数のきのこをカットしてボウルの中で混ぜ、それぞれの食感と香りの違いを楽しめる「冷凍きのこミックス」を作る。
【2】ジッパー付き保存袋にきのこミックスを入れ、1日以上冷凍庫に入れて凍ったら完成。調理時は使いたい分だけ取り出して使い、1か月を目途に使い切る。

◆冷凍きのこを使ったレシピ
材料・2人分
冷凍きのこミックス…100g、料理酒…大さじ1、だしの素…小さじ2、水…600cc、みそ…大さじ2、ねぎ小口切り…適量

作り方
【1】料理酒、だしの素、水を鍋に入れ、冷凍きのこミックスも加えて中火で煮立たせる。
【2】きのこが軟らかくなったら、みそを溶き入れて、火を止める。
【3】お椀に移し、好みでねぎを散らす。

【卵】
「卵は冷凍すると、黄身から水分が抜けてたんぱく質同士が結びつくため、まるで半熟のように黄身が固くなり、濃厚な味わいへと変化します」

◆オススメの冷凍法
【1】生卵を殻ごとラップで包み、保存袋に入れて2日以上冷凍庫で凍らせる。ラップはぴったり巻かずにふわっと巻き卵を衝撃から守る。
【2】冷凍した卵は、半熟卵より少し固めの不思議な食感。
【3】冷凍していない生卵と比べると、冷凍卵は黄身が盛り上がっている。

◆レシピ
材料・2人分
冷凍卵…2個、しょうゆ…大さじ2、みりん…大さじ2、大葉…2枚、ごま…適量
作り方
【1】保存袋に入れ冷蔵庫で約6時間、または常温で1~2時間ほどかけて卵を解凍する。
【2】卵を解凍したら、殻を割って黄身だけを取り出す。
【3】黄身が入る容器に入れ、しょうゆとみりんを黄身がつかるまで入れる。
【4】約10分後、皿に大葉を敷き漬け込んだ黄身をのせ、ごまを散らす。

【トマト】
「トマトは冷凍すると、果肉と皮をつなぐ組織が崩れることで、水をかけると皮がきれいにむけるようになります」(西川さん)

◆オススメの冷凍法
 トマトはヘタを取り、水洗いして水気を取ったら、ぴったり空気が入らないようにラップに包み、余った上の方のラップをねじって結ぶ。保存袋に入れて冷凍庫へ。

◆レシピ
材料・2人分
トマト(中)…1個、オリーブオイル…大さじ1、塩…少々、フレッシュバジル…適量
作り方
【1】凍ったトマトに水をかけて皮をむき、ゴリゴリとすりおろす。
【2】すりおろしたトマトにオリーブオイルと塩を加え、混ぜ合わせる。
【3】器に盛り付け、フレッシュバジルを添える。

【きゅうり】
「きゅうりは汁ごと冷凍することで酸化や乾燥を防げ、シャキッとした食感を維持できます」(西川さん)

◆レシピ
材料・2人分
きゅうり…2本、塩…適量、すし酢…大さじ2
作り方
【1】きゅうりを輪切りに薄くスライス。塩を加えて塩もみし、すし酢を加え混ぜ合わせる。
【2】保存袋にきゅうりと調味液を一緒に入れ、薄く平らにして冷凍する。
【3】使う時はボウルに水を張り、保存袋のまま水につけて解凍。解凍したら水気を切り、ごまやわかめなど好みの食材と混ぜ合わせて皿に盛り付ける。解凍するだけで副菜に早変わり。

※女性セブン2018年8月16日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン