芸能

石原真理子 再出発の“野望”語る「HIKAKINに会いたい」

石原真理子の野望とは?

 1980年代にテレビドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)などで一世を風靡した清純派女優・石原真理子(54)が『週刊ポスト』(2018年8月6日発売号)に登場。往年の姿と変わらぬ驚きの水着グラビアを披露し、話題となっている。

 撮影は7月下旬、沖縄中部の海辺にあるプライベートコテージなどで2日間に渡って行なわれた。直前まで全国的に不安定な天気が続いていたため、渡航前は撮影が危ぶまれていたが、当日は青空が広がる快晴。石原は「私、晴れ女なんです。これまでの撮影でも、雨が降ったことはないんですよ。今日は風もなく、過ごしやすいですね!」と笑顔を見せていた。

 ロケにはカメラマンのほかスタイリストやメイクアップアーティストも同行。久しぶりの撮影となった石原は、自ら黄色い水着や青い花柄の浮き輪、リングネックレスといった衣装を用意し、自身の感性を伸び伸びと表現。水着グラビアに挑戦した理由については、「写真という方法で自分を表現してみたいと思ったんです」(石原氏)と話す。秋には、撮影のアザーカットを掲載したデジタル写真集も配信する予定だ。

 実は2008年に1年間ほど沖縄に住んでいたという。撮影の合間に立ち寄った沖縄料理店では、久しぶりの郷土料理に舌鼓を打った。夜は観光客が集まる那覇の目抜き通り「国際通り」でショッピングを楽しみ、緑色のペンダントを購入するなど、“第2の故郷”の空気を満喫していた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷翔平選手が出るためには「保険料」の問題も重大
大谷翔平、WBC合宿に暗雲 故障に備えた保険料は億単位、財政難NPBは捻出できるのか
女性セブン
コロナ禍のなか天国へ旅立った岡江久美子さん
《逝去から3年目の決断》岡江久美子さん「お別れ会」開催を断念、所属事務所社長が明かしたその理由
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
『ビクタン収容所』にいた4容疑者のうち1人はスマートフォンを6台所持していた
連続強盗事件、ルフィが捕まっても止まらない 「襲撃リスト」はどう作られるのか
女性セブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト