• TOP
  • 国際情報
  • 中国で旧日本軍コスプレ撮影禁止、「俺の父は安倍」男性は拘束

国際情報

2018.09.09 07:00  NEWSポストセブン

中国で旧日本軍コスプレ撮影禁止、「俺の父は安倍」男性は拘束

あらゆることに介入してくる

 中国江蘇省南京市の人民代表大会(市議会に相当)常務委員会は8月下旬、中国政府が主張する南京大虐殺(1937年)の犠牲者数や史実を否定したり、犠牲者追悼施設で旧日本軍の軍服を着て行うコスプレ撮影などを禁止する条例案を提出した。地元紙の「現代快報」が報じた。

 条例案は南京大虐殺について「いかなる組織や個人による史実の歪曲や否定も禁止する」と規定。犠牲者への侮辱行為のほか「国民感情を傷つける言論や情報をでっち上げ、広めること」も禁じている。これが日本軍コスプレ愛好者への罰則に相当するようだ。これらの違反者は処罰される。

 南京では2月に南京大虐殺のモニュメントがある場所で、中国人男性2人が日本軍の軍服のコスプレ姿で、仲良く肩を組み、お互いVサインをしている姿を自撮りしてネット上に投稿。この写真が拡散し中国内では複雑な反響を巻き起こした。警察当局は2人が公共秩序を乱したとの疑いで、15日間の行政拘留処分を科している。

 このほか、中国ではこのところ、旧日本軍の軍服を着たコスプレ写真をインターネット上に投稿する若者らが続出している。

 日本軍コスプレの愛好者や、日本文化を称賛するあまりに中国社会を卑下する中国人の出現は「精日(精神的日本人)」現象と呼ばれており、中国政府は「侵略戦争を美化している」として、今年5月に旧日本軍のコスプレ行為などを処罰する「英雄烈士保護法」を施行している。

関連記事

トピックス