国内

逮捕者続出ナンパ塾、マニュアルの荒唐無稽な中身を公開

体験談や写真が掲載されたRNAのホームページ

「お腹がすいたら食べ物を食べる。好みの女がいたらナンパをする」そんなせりふを恥ずかしげも無く吐く男がお縄となった。

 9月10日、警視庁新宿署はナンパ講座「リアルナンパアカデミー(RNA)」の塾長で会社役員の渡部泰介容疑者(42才)を準強制性交等の容疑で逮捕した。昨年11月、ナンパした20代女性を酒に酔わせ抵抗できない状態にして、東京・歌舞伎町のホテルで塾生と2人がかりで乱暴した疑いだ。

 RNAの塾生は今年に入って同様の容疑で3人が逮捕されている。うち1人は坊主姿で裁判に現れて涙する場面もあったが、彼らを指導した塾長に反省の色はなかった。

 渡部容疑者は塾生の逮捕後も「女の証言だけで逮捕されて有罪になる」と強弁し、自らの逮捕時は報道陣に対して中指を立てた。塾生の裁判では、RNAの推奨する「お決まりの手口」が明らかになった。

「街で声をかけた女性と居酒屋で飲んでから、RNAが管理するマンションの一室に連れ込む。『ダーツに負けたら一気』と酒を強要し、酩酊状態にしてコトに及ぶのが常套手段でした。しかし、裁判になった事件では、被害女性がものすごくダーツが強かったのでなかなか飲ませられなかった。無理矢理UNOに切り替え、イカサマをしてまで酒を飲ませていたようです」(裁判を傍聴したライターの高橋ユキ氏)

 10年ほど前に設立されたRNAは「受講生がセックスした数日本一」と謳い、塾生は全国に約100人。短期間でナンパの実力が飛躍的にアップするというスペシャルコースは約30万円と高額だ。しかし、人気は高く、医師や一流企業の社員までもが受講するという。

 RNAが“虎の巻”とするのが初級・中級・上級に分かれたナンパマニュアルだ。計450頁もの分厚いマニュアルは、各巻約1万5000円とこちらも高額だ。

 だがその内容はあまりに陳腐で荒唐無稽なものばかり。これを実践する男性についていく女性は本当にいるのだろうか。本誌・女性セブンはそのマニュアルを入手、今回は『初級』と『中級』の内容を公開する。

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト