ライフ

入れ歯を口に入れたまま歯磨き、口臭や誤嚥性肺炎の要因に

トラブルの種はいろいろ(撮影/岩澤倫彦)

 日本で「入れ歯」を使っている人は2000万人超と推計され、毎日の生活に欠かせない存在だが、入れ歯で注意しなければならないのが、「火傷」だ。

 保険で作る入れ歯はプラスチック系素材であるレジン製で、一定の厚みがあるため、飲み物や食べ物の熱さに鈍感になってしまうのだ。それを知らずに、飲み込んで咽頭や食道を火傷する場合がある。

 入れ歯を口に入れたまま、歯磨きのようにブラシでゴシゴシと洗う人がいるが、歯肉部分のレジンは柔らかい素材なので、強くこすると細かい傷が付く。そこにカンジダ菌などが繁殖して、入れ歯特有の不快感の強い「口臭」となるのだ(※注)。

【※注/入れ歯の歯肉部分のレジンと歯に充填するレジンの強度は大きく異なる】

 さらに、繁殖した細菌は「誤嚥性肺炎」の要因にもなるので、入れ歯は必ず外して専用洗浄剤を使い、優しくブラッシングするべきだ。

 他人と会話中に、ポロッと「入れ歯が外れる経験」をした人、ヒヤッとした人は少なくないだろう。

 総入れ歯の場合、口腔内の粘膜が唾液で濡れた状態を利用して、吸着させている。しかし、最近は入れ歯が吸着しない患者が増えていると、ベテラン開業医の坂詰和彦氏は指摘する。

「糖尿病や高血圧などで、何種類もの薬剤を服用していると、副作用で“ドライマウス”になる人がいます。そうなると、入れ歯は吸着しないので、外れやすくなるのです。服用薬を減らすことで改善することもありますが、必ず主治医に相談してください」

●取材・文/岩澤倫彦(ジャーナリスト・『やってはいけない歯科治療』著者)

※週刊ポスト2018年10月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン