ライフ

猫のダイエット 食事は小出しに、回数は増やすことが大切

現在ダイエット中のブロンソンくん(インスタグラムより)

 ここ数年、食事やおやつの与えすぎ、運動不足などが原因で、太りすぎの猫が増えています。とはいえ、猫が自主的にやせられるわけはなく、愛猫の体重管理は飼い主の大事な“仕事”。ここでは、肥満のリスクや猫のダイエット法などについて紹介する。

 アメリカのミシガン州で暮らす、3才の猫・ブロンソンくんは、今、ダイエットに挑戦している。

 それというのも、3才の猫の平均体重は約3~5kgなのに対し、ブロンソンくんの体重はなんと約15kg。ウエストも約81cmと、誰がどう見てもおデブさんだったから。どうやら亡くなった以前の飼い主が、餌を与えすぎていたのが原因のようだ。

 今年4月に新しい飼い主に引き取られたと同時にダイエットを開始。その様子はインスタグラムで公開され、現在フォロワー数は116万人を超え、注目を浴びている。まん丸の体がかわいらしいが、太りすぎのため、麻酔が使用できず、歯の治療が行えない状態だったという。

 飼い猫の肥満化は、他人事ではない。日本でも肥満気味の猫は増えていると、猫専門病院Tokyo Cat Specialistsの獣医師・有田早苗さんは指摘する(「」内、以下同)。

「人と同じで、消費カロリーより摂取カロリーが多いと猫も太ります。最近は室内飼いの猫も多く、運動不足になりがち。また、不妊手術をした猫は食欲が増しやすく、太りやすいのです」

◆食事量のコントロール+運動で週に1%減を目標に!

 自宅で愛猫が肥満かどうかをチェックする方法がある。

「体毛の上からでも、なんとなく肋骨(あばら骨)に触れられればOK。反対に、肋骨付近を触ってもほとんどわからない時は、太りすぎのサインです」

 横から見てお腹が出ていたり、真上から見て腰のくびれがなかったら、これもまた、太りすぎといえる。

「肥満になると起こりやすい病気としては、糖尿病、脂肪肝、関節炎、心臓病、皮膚病など。それらを防ぐためにも、ダイエットが必要になります」

 猫のダイエットは、まず食事管理から。ダイエット時の 1日の摂取カロリーは、

「理想体重×35~40kcal」

 が、目安となる。愛猫の理想体重は、性別や骨格で変わるので、かかりつけの動物病院で教えてもらうのがベストだ。目標カロリー内に収まる範囲で、ダイエットフードを取り入れてみよう。

 さらに消費カロリーを増やすため、適度な運動も取り入れること。一緒におもちゃで遊んだり、キャットタワーを設置するのもよいという。

「食事制限の負担を減らすためにも運動は重要。また適度な運動はストレス発散にもなるので、一石二鳥です」

 そして、最低でも週に1回は体重を測ろう。

「急激な体重の減少は健康によくないため、週に1%の体重減少を目標にしましょう」

 ダイエットでは、食事の回数を減らすのではなく“増やす”ことが大切。適正量を1日3~4回、小出しで与えることで、空腹の時間が短くなり、1回の食事での満足度が高まる。

 人間も過度なダイエットをするとストレスがたまり、リバウンドの危険もある。あくまで猫の体調を考慮しつつ、獣医と相談しながら進めよう。

 ちなみに、現在(2018年9月末時点)のブロンソンくんの体重は約13.7kg。ダイエット開始から約5か月でマイナス1.3kgを達成している。人間も猫も、ダイエットは地道な努力が大事ということのようだ。

※女性セブン2018年10月18日号

関連記事

トピックス

性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン