ビジネス

家庭用の「焼き芋メーカー」が予想上回るヒット、需要掴んだ

焼き芋以外に焼きとうもろこしやジャーマンポテト、ホットサンドなどを作ることもできる

 今や焼き芋は専門店が続々と登場し、長蛇の列ができるほどの人気だ。そんなブームに目をつけたのが、扇風機のカモメファンや大人の氷かき器など、ニッチな商品を生み出しているドウシシャ。焼き芋作りに特化したホットプレートを登場させた。自宅で手軽に作れる『焼き芋メーカー』とは?

 焼き芋のおいしい季節になった。スーパーマーケットではさつま芋が並び始め、自宅で焼いているという人も多いだろう。しかし電子レンジやオーブンでいざ手作りしてみると、思った以上に手間も時間も掛かり、屋台のようなホクホクで甘い焼き芋を作るのは難しい。そこで、それを可能にする商品が登場した。それがドウシシャの『焼き芋メーカー』だ。

 これは自宅で手軽に焼き芋を作ることができるホットプレート。付属の焼き芋プレートにさつま芋をセットすれば、後は温度調節ダイヤルを回すのみ。約40分待つだけでホクホクの焼き芋が出来上がる。

 これまで同社は、オーブントースターとノンオイルフライヤーが1つになったノンオイルフライオーブンを販売してきた。このノンオイルフライオーブンの用途を調査してみると、トースターで焼き芋を作ろうとネット検索している人が多いことがわかった。果たして、ユーザーのニーズをすくうべく、『焼き芋メーカー』の開発が始まった。

 ポイントは、ホットサンドメーカーのように、本体上下にヒーターを搭載したこと。包み込むようにじっくり焼き上げることで、熱がさつま芋の芯まで伝わる構造にしたのだ。また、熱が均等に伝わるよう、さつま芋形の焼き芋プレートの表面には、凸凹をつけた。

 ほかにも、本体に平面プレートも付属。ホットサンドや肉・魚料理などを作ることもできる。

 デザインは黒一色のダッチオーブンをイメージ。ふたの中央に温度調節ダイヤルを搭載し、LOW(低温)、MIDDLE(中温)、HIGH(高温)と食材に合わせて調節できるようにした。

 とはいえ、発売に向け、迷いがまったくなかったわけではないという。

「スーパーでは焼き芋が100~200円で売られているなか、『焼き芋メーカー』は1台、1万円台。この価格にユーザーがどう反応するか不安でした」

 そう話すのは、開発担当の榑林利之さん。だが、調査を重ねるにつれ、必ず需要はあるはずという思いが強まり、2017年9月、発売に踏み切った。

 すると、焼き芋器という、ほかにはない珍しさが注目を集め、一気に話題となった。予定していた年間目標販売台数1万台を大幅に超え、3万5000台を突破するヒット商品となっていた。

 今年10月には本体カラーを従来のブラックからホワイトにリニューアルした新モデルが登場。さらに、焼きおにぎり、たい焼き、ドーナツの3種類のプレートが新たに追加され、メニューのバリエーションも豊富になった。

 焼き芋のほか、幅広いメニューを楽しむことができる『焼き芋メーカー』。結婚や新生活など、お祝いの贈り物としても好評だ。

※女性セブン2018年10月25日号

関連キーワード

トピックス