芸能

西城秀樹さん妻が著書を出版 “最期までの3週間”を明かす

自宅にある遺影には、愛用のネックレスが。子供たちは毎日話しかけているという

 今年5月に急性心不全のため亡くなった西城秀樹さん(享年63)の“最期までの3週間”が、初めて明らかになった。妻・木本美紀さんが11月14日に発売される著書『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館)で明かしたもの。同書は、美紀さんが、秀樹さんにかわってお世話になった人に感謝の気持ちを伝えたい、同じ病気と闘ったりリハビリを続けている人と家族に少しでも参考になることを届けたい、との思いで筆をとったものだという。

「もう一度、『YOUNG MAN』を完全に歌って踊りたい」――。

 秀樹さんはその強い思いで、必死に病と闘っていた。同書には、2011年に患った脳梗塞の後遺症で右半身の自由がきかなくなった秀樹さんが、完全復活に向けて過酷なリハビリリトレーニングに励む姿が描かれている。リハビリ専門のジムに通い、1回3時間のトレーニングを週3~5日、時間が許す限り休むことなく行っていたという。

《例えば、段差を下りたり、上ったりを何度も何度も繰り返します。さらに、先生に手を持ってもらって、立って座る、立って座る……。この繰り返しは、お尻の脂肪の少ない秀樹さんにとっては、尾てい骨が椅子に擦れて、痛そうでした。でもその日の課題をクリアするまで、音を上げません》(『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』より・以下《》は同)

「ファンの皆様に元気な姿を見せたい」という秀樹さんの強い思いの中、ジムに子供たちが顔を出すこともあり、そんなとき、秀樹さんは俄然張り切ってトレーニングを行っていた。そうした家族の支えと、熱心なリハビリのかいがあって、今年4月には毎年恒例の「同窓会コンサート」で元気なステージを披露するほど回復していた。

 そんな秀樹さんに異変があったのが、そのコンサートから11日後のことだった。同書によれば、家族で夕食を食べ終わってくつろいでいると、秀樹さんの体調が急変。その後、到着した救急車で病院に運ばれた。そこで美紀さんは医師からこう告げられたという。

「……心臓が動くのはあと4日。もって1週間だと思ってください」

 美紀さんは“宣告”を受けた時のことをこう振り返っている。

《それからどうやって家までたどり着いたか、この後の記憶が今も全くありません》

 意識が戻ることはないとも医師は言ったが、家族は秀樹さんの“最後の闘い”を支え続けた。子供たちは、学校が終わると病室にやって来て、秀樹さんに話しかけたり、秀樹さんのヒット曲メドレーをスマホで流したりもしたという

 秀樹さんが亡くなったのは、5月16日のことだった。医師からは「4日しかもたない」と言われていたが、懸命に生き抜いた日数は22日間に及んだ。同書には、秀樹さんが“最期までの3週間”を病室で家族と過ごした日々、そして、秀樹さんが起こした“小さな奇跡”などについても詳しく綴られている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト