• TOP
  • 芸能
  • 料理評論家・服部幸應氏、北大路魯山人の皿を持つ「寿影」

芸能

2018.10.26 07:00  週刊ポスト

料理評論家・服部幸應氏、北大路魯山人の皿を持つ「寿影」

魯山人の皿を持つ服部幸應氏

 グラビア写真界の第一人者、渡辺達生氏(69)が“人生最期の写真を笑顔で撮ろう”とのコンセプトで立ち上げた『寿影』プロジェクト。渡辺氏は、自然な笑顔を引き出すべく、撮影する人に「一品」を持ってきてもらって、それにまつわるエピソードを聞きながら撮影する。

 料理評論家で服部栄養専門学校の服部幸應氏(72)が持ってきたのは、父親から譲り受けた魯山人の皿だった──。

 服部学園の創立者である父親の道政氏が数多く所有する器の中で、最も愛した皿。保管する木箱には、北大路魯山人自らが筆を入れた“魯山人の皿”の文字が記されている貴重な品である。

「遠い昔になりますが、この皿に盛り付けている父の姿が強く記憶に残っています。どんな料理も映える不思議な皿。父がなぜ惹かれたのかは、魯山人の世界観を知るほどに理解できます」

 服部氏は2歳から包丁を持たされ、物心ついた時から食の世界に身を置いてきた。食育の普及にも力を注ぎ、食育基本法まで成立させたその功績は大きい。

「私的な終活はまだ考えが及びませんが、仕事ではライフワークである食育に生涯を捧げます」

関連記事

トピックス