芸能

「余命3年」クロちゃん 罵詈雑言フォロワーの励ましに感謝

「余命3年」について語ったクロちゃん

「余命3年」──安田大サーカス・クロちゃん(41)の驚きのニュースが世を騒がせた。10月22日放送の医療バラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』(TBS系)で、番組から余命宣告を受けたのだ。その後、クロちゃんはツイッター上ではウォーキングに励む様子や食生活の改善などについて紹介しているが、その心境やいかに──クロちゃんを直撃した。

──余命3年と診断されたときはどんな気持ちでしたか?

クロちゃん:予想外です、びっくりしました! 今年の1月にも、同じ番組で「このままでは死ぬ」と言われたんです。「ヘモグロビンA1c」という、血糖値の平均をみる検査をしたら、11.7%あったんです(基準値は4.6~6.1%)。6.2%以上になると「2型糖尿病型」と判定されるので、1週間教育入院したんですよ。

入院までに時間があったので、その間に1人でダイエットしたこともあって、退院したころには体重が15kgくらい落ちていました。ヘモグロビンA1cを含め、数値も全部正常値に戻ったんです。

──1か月ほどで15kg減はすごいですね。

クロちゃん:頑張ったんですよ!また不摂生をしたいから。 濃い味付けの食事とかスイーツが大好きで、空腹だと眠れないから、夜中に食べるのが習慣になっちゃって。日常的に、夜中にコンビニへ行って、シュークリームとかポテチとかアイスを食べて、すぐ寝ていました。血糖値が高いと、そういう生活ができないじゃないですか。

 数値が戻ったから、頑張ったご褒美に、毎日お酒を飲んでいたんですね。食事も、とんかつとか焼肉とかオムライスとか、好物を好きなだけ食べていました。そういう不摂生をしていたら、5kgくらい戻ったんです。5kg増えたって、1か月前よりも10kg軽いんですよ。それなのに、余命3年といわれるなんて、頭が真っ白になりました。

──番組でも医師と相談しているシーンが映されていましたが、ガチですか?

クロちゃん:ガチですよ!「このままだと本当に危ない。もっと詳しく検査して、今後どうするか一緒に判断しよう」と言われました。自分勝手なことばかりしていたのにも関わらず、先生たちが親身になってくれたので、今度こそ話を聞かないといけないなと思いました。改心して、しっかり現実と向き合って、長生きしたいです。

──改善のために、どんな努力をしている?

クロちゃん:毎日ウォーキングをしています。仕事に向かうとき、今まではタクシーに乗っていたところを、10~20kmは歩いています。元々、歩くのは好きなんです。大嫌いだった野菜や魚を食べるようにもなりました。

 だから、体の調子もいいです。体が軽いので、歩いていて楽しい。いろんな現場に行くので、初めて通る道でいろんな発見があるのもおもしろいです。

──最近発見したものは?

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン