• TOP
  • ライフ
  • 居酒屋の定番お通し「キャベツとマヨネーズ」は理に適ってる

ライフ

2018.12.02 16:00  週刊ポスト

居酒屋の定番お通し「キャベツとマヨネーズ」は理に適ってる

飲む時はツマミがとても大事

 何かと酒量が増える年末年始──。呑兵衛には心弾む季節だが、気になるのは体への影響だ。

 体脂肪が気になり、油モノを避けているという呑兵衛は多いだろう。しかし、油モノは酒のツマミとしては優秀だ。東海大学医学部教授の松嶋成志医師がいう。

「油分は食品の中では胃での滞留時間が長い。コレシストキニンという消化管ホルモンが働き、胃の出口となる幽門が閉められ、胃の撹拌運動を助けるのです。そのため一緒に飲んだお酒も長く胃の中にとどまり、アルコール血中濃度が上がりにくくなる。オリーブオイルやマヨネーズが使われた、カルパッチョやポテトサラダなどは前菜に最適です。

 また、キャベツやブロッコリーに多く含まれるビタミンUも、胃の粘膜を保護し、アルコールの刺激から胃を守る働きがあります」

 居酒屋でお通しによく出てくる「キャベツとマヨネーズ」は理に適っているようだ。

※週刊ポスト2018年12月7日号

関連記事

トピックス