芸能

石井ふく子、3人の大女優との同じマンション生活を明かす

大女優との生活を語った石井ふく子さん

 ピンクと白のトルコ桔梗1000本に彩られて、大女優が旅立った。12月4日、女優・赤木春恵さん(享年94)の告別式が都内の築地本願寺和田堀廟所で営まれた。

『渡る世間は鬼ばかり』『3年B組金八先生』(ともにTBS系)など230を超える作品に出演した赤木さん。2007年には乳がんを患い、左胸を全摘出。3年前に自宅で転倒して大腿骨を骨折し、さらにパーキンソン病を患いながら、家族の支えで療養を続けた。そして、11月29日、心不全でこの世を去った。

 葬儀委員長を務めたテレビプロデューサーの石井ふく子さん(92才)は、赤木さんを「ママ」と呼んで慕った。卒寿を迎えた石井さんがママと呼ぶのは赤木さんだけだ。

「ママは何かにつけて相談に乗ってくれました。昨年3月のママの誕生日に贈り物をしたら、お礼のおはがきをいただいたのが最後の交流。いつも達筆なのにその時は筆がちょっとおかしかったのですが、いつまでも元気なかたと思っていたから気にしませんでした。その後、お孫さんの野杁俊希さん(のいり・としき 29才)にお会いした時に体調を聞いたところ、“大丈夫です”と言うので安心していたのですが…」(石井さん)

 最期は家族に見守られながらの94才の大往生だった。

 ともに、昭和、平成と日本の芸能史を歩んできた石井さんと赤木さんだが、全く異なる“老後”を送っていた。

 石井さんは赤木さんのようにそばにいる家族はおらず、都心の一等地にある高層マンションでひとり暮らしをしている。“おひとりさま”生活を送っているのかと思いきや、そんなことはない。

 石井さんは、京マチ子(94才)、奈良岡朋子(89才)、若尾文子(85才)と同じマンションに暮らしている。

「15年ほど前に奈良岡さんから“いい物件がある”と教えられ、モデルルームを見に行ったら気に入って住むことを決めました。奈良岡さんも住むようになって、引っ越しを考えていた京さんにも勧めました。若尾さんはご自分でお決めになって、ある日マンションの玄関でバッタリ会ってビックリしました」(石井さん)

 マンションは24時間管理人が対応し、病院や郵便局、役所なども近く、安心して生活を送れるようだ。

 それにしても往年の名女優が一つ屋根の下に集い、ともに余生を過ごすのは、2017年に人気を博した倉本聰さん(83才)脚本のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)のようだ。実際、名女優らは助け合って暮らしている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン