• TOP
  • ビジネス
  • ツイッター寄付に賛辞 前澤社長は「SNS売名」の天才か

ビジネス

2019.01.28 16:00  NEWSポストセブン

ツイッター寄付に賛辞 前澤社長は「SNS売名」の天才か

前澤社長はSNS売名の天才?

 近頃、ツイッター上で何かと話題を提供しているZOZOの前澤友作社長(43歳)。「お年玉」企画として、ツイッターフォロワー合計1億円をプレゼントしたかと思えば、重病の3歳児を助けるために寄付し、注目を集めた。

 前澤社長が寄付したのは、血液を循環させられなくなる「拡張型心筋症」という病気を患う“おうちゃん”こと上原旺典(おうすけ)くん(3歳)。助かるにはアメリカで心臓移植をするしかなく、目標額の3億5000万円までは2億円近く足りていなかった。

 きっかけとなったのは『サンデー・ジャポン』(TBS系)で放送されたおうちゃんの密着ドキュメント。この番組でおうちゃんの存在を知った前澤社長は、ツイッターのRT1件につき10円を付け加え寄付すると宣言。約7日間で51万RTを達成した。

 前澤社長の拡散の効果もあって、おうちゃんの心臓移植に向けた資金集めは目処が付きそうだという。

 未来ある子供の命を救う手助けをした前澤社長だが、一部からは「売名行為だ」「(おうちゃんだけを救うのは)不公平だ」などといった批判の声も聞こえてくるのも事実だ。

 NEWSポストセブンでは、『前澤社長が援助した3才児の両親「不公平という声もわかる」』との記事で、おうちゃんの両親に取材。前澤社長に対する批判的な声について、父親の良太さんは、

「不公平だという気持ちは痛いほどわかります。でも、ただただ旺典を助けたい。前澤さんの行動に対していろんなご意見があったことは承知していますが、おかげで多くのかたが旺典を知ってくださったこともあり、目標額を集めることができた。本当に感謝しきれません…」

 と、率直な気持ちを述べている。

 このようなコメントを受けたからか、ネット上でも前澤社長の行動を称賛する声が多くなっているようだ。

「売名でも偽善でも世の中のためになることができる人は素晴らしいし評価されるべきだと思う」
「手を差し伸べて何が悪い? 前澤社長はキッカケを作ってくれたのだと思う。 やれる事をやっただけ」
「不公平と思う方がいるなら、自ら行動を起こすべきです。金額の大小ではないと思います。私がこの子供の親なら、感謝しかありません」
「前澤社長が困ってる人を皆んな助けるのは確かに無理がある。でもこの行動で気づかされて金額自体は少なくても募金などをした人も多少なりとも増えたとは思います」

 など、前澤社長の行動が、世の中に好影響を与えているとの意見が多い。

 前澤社長のような有名人は、SNSでの言動が大きく取り沙汰され、そのたびに賛否両論が巻き起こる。ネットメディア関係者はこう話す。

関連記事

トピックス