ライフ

圷、毳、垳、匝瑳 関東地方の「方言漢字」、何と読む?

茨城、栃木、群馬、埼玉の難読「方言漢字」

「地域特有の単語やアクセントなど、お国言葉は広く認識されていますが、漢字にも土地に根付いたものがあるんです」

 と話すのは、早稲田大学社会科学総合学術院教授の笹原宏之さんだ。そんな独自性のある文字を『方言漢字』というそうだ。

「日本は島国で山や川が多く、山脈が日本列島を背骨のように貫いているので、峠や崖が多いのが特徴です。当然、昔は別の“くに”への移動は困難を極めたため、地域性が濃くなり、言葉の違いが激しくなった。漢字も風土や習俗に合わせて工夫を加え、必要によって変化しながら、新たな国字(和製漢字)や字体を獲得してきたのです」

 そこで首都圏に見られる“方言漢字”を笹原さんに解説してもらう。

■茨城県
読み方→あくつ
低い土地を表し、高いところは塙(はなわ)。地名や名字に使われている。

■栃木県
読み方→かも
栃木市内には三毳山や三毳不動尊がある。

■群馬県
読み方→ぬで
前橋市の「〈ぬで〉島(ぬでしま)」という地名は、この土地に「白膠木」(ぬるで)の木が茂っていたことに由来。この膠と木が合わさって変化した。江戸時代は崩し字が公式書体であったため、写し間違えたり、つなげたりした過程で変化したと考えられる。

■埼玉県
読み方→がけ
崖の意味。八潮市にある地名。埼玉にはほかにも「岾」(読みは“はけ”)など、崖を表す字が複数ある。

■千葉県
読み方→そうさ
平安時代の辞書『和名抄』などに下総国匝瑳郡や匝瑳郷として書かれ、1954年までは村名として残っていた古代発祥の地名。2006年に八日市場市と匝瑳郡野栄町が合併して「匝瑳市」が誕生した。

■東京都
読み方→きぬた
『砧公園』や『砧スタジオ』などで耳にする機会の多い字だが、地名にしているのは東京都のみ。ちなみに砧とは、洗濯後の服を棒で叩いて柔らかくしたり、しわを伸ばしたりする道具。

■神奈川県
読み方→いたち
鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』には、「〈いたち〉河」という記載がある。一般の漢和辞典にはないが、中国の仏典に使われていた字。現在は「いたち川」や「鼬川」とも書かれる。

※女性セブン2019年2月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン