国内

校則全廃の公立中、名門高校に続々進学 校長の思い

世田谷区立桜丘中学校の西郷孝彦校長(撮影/浅野剛)

「チャイムも鳴らなければ、服装は自由で校則もありません」(3年生・女子生徒)

「英語で巻き寿司の作り方を教わったのは初めて。なんとかうまく作れました」(2年生・女子生徒)

「理科の実験で、3Dプリンターで心臓を作った。そうしたら、人間くらい大きな体を動かすには、2心房必要だってわかった。すごくないですか!?」(2年生・男子生徒)

「ハロウィンは先生も生徒も仮装して来るし、バレンタインチョコだって持ってきて叱られるなんてことはありません」(2年生・女子生徒)

「前の学校では、登下校中にしゃべっちゃいけなかったんです。とっても息苦しかったけれど、ここは自由。生き返った心地です」(1年生・男子生徒)

──まるで大学か、はたまた最先端をゆく私立高校の話かと思いきや、ここは中学校。しかも東京都世田谷区の区立桜丘中学校、つまり公立中だ。

「中学受験する子どもの多い世田谷区は、“当然私立の方が優秀だ”という風潮が強いので、“そんなことはないぞ”という気持ちでやってきました。私立に対して競争心があるんですよ」

 普通なら格好つけて取材では話さないようなことを、ニコニコと語るのは、同校の西郷孝彦校長(64才)。

 校長室の扉はいつも開けっ放しで、次から次へと生徒が顔を見せる。「スマホを充電させて」とやってくる生徒もいる。なんだかんだと理由をつけながら、その場で相談事をしたり、愚痴を聞いてもらったりしているようだ。

 歴代の校長が「一日でも早く異動したい」と嘆息するほど荒れた同校で、2010年に校長に就任すると、足かけ9年を費やして、自由にして多様な学校をつくり上げた。

「着任した当初は、朝礼の時も、“並べ!”“黙れ!”“遅れるな!”と、先生が声を張り上げる始末。力で押さえつける指導が目立ちました」(西郷校長・以下同)

 しかし現在は「どうしてもこの学校で、わが子を学ばせたい」と、わざわざ学区外から越境したり、転居までして入学する生徒も少なくない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン