国内

市販スイーツ・アイスの選び方、果糖ぶどう糖より砂糖を選ぶ

スーパーやコンビニで安心して購入できるスイーツ・アイス

 週刊誌の見出しに並ぶ「加工食品」への厳しい意見。「だったら何を食べたらいいの?」と戸惑う人も多いはずだ。しかし、加工食品は決して「食べてはいけない」わけではない。ポイントは、“どのように商品を選ぶか”だ。ここでは、スイーツやアイスの選び方をご紹介。

 甘味を選ぶ時は、「砂糖」と表記されたものや、黒糖、ハチミツ、メープルシロップなど天然由来の糖が安心だ。一方で避けたいのは、「果糖ブドウ糖液糖」だ。食品ジャーナリストの郡司和夫さんが言う。

「清涼飲料水を筆頭に幅広い食品に使用されています。トウモロコシなどの天然の素材から作られていますが、でんぷんを人工的に分解して作っているため、自然にできた糖に比べて血糖値を急上昇させやすい。糖尿病の原因になったり、心臓病のリスクが高まるという研究結果があります。果糖ブドウ糖液糖が入っている商品は、他にもさまざまな添加物が含まれているケースが多いため、私自身も選ばないようにしています」

 さらに、アスパルテーム、スクラロースなど人工的に合成して作られた「人工甘味料」にも気をつけたい。

 カロリーが低いので、砂糖の代用品として糖質オフなどの健康志向の加工食品にも使用されることが多いが、果糖ブドウ糖液糖と同じく糖尿病リスクを上昇させるといわれている。食品問題評論家の垣田達哉さんはこう言う。

「空腹感を刺激し、より甘いものを欲するようになってしまう。肥満ホルモンを分泌し、肥満を引き起こすという指摘もあります」

 では、体にやさしいスイーツはどう見分ければいいのか。コツは「昔ながら」の甘味かどうかだ。

「おまんじゅう、せんべいなどの和菓子や米菓を選ぶと、比較的安心です。日本人が古くから食べてきたものは、シンプルな糖で作られていて、pH調整剤などの保存料も使用されていないことが多い。

 もちろん、作っているメーカーによっては首をかしげるものもあるので、原材料表示のチェックを忘れずに。同じ種類のお菓子で迷った時は、複数のメーカーを比較しながら選ぶといいでしょう」(郡司さん)

 アイスクリームには「pH調整剤」や「果糖ブドウ糖液糖」が使用されやすいが、『あずきバー』(井村屋)のように「砂糖、小豆、水あめ、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、食塩」と、非常にわかりやすい原材料で作られている商品もある。

「ただし、甘いもの全般にいえることですが、カロリーと糖質の高さに注意してほしい。年齢にもよりますが、糖質の摂取は1日300g未満が目安です」(垣田さん)

※女性セブン2019年3月14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン