ライフ

GWにやろうと思うこと1位、「片づけ」実践の3ステップ

文庫本100冊がスッポリ収まる

 大型連休ときくと旅行やレジャーの計画を立てるのが一般的かと思いきや、「掃除・片づけ」を予定している人が実際は多いようだ。『週刊ポスト』読者806人が回答した「GW中にやろうと思っていること」アンケート結果でも、第2位の「旅行」を抑えて「掃除・片づけ」が第1位に輝いた。家の片づけや遺品整理を請け負うサマンサ・ホームステージングの山本真理子氏は「時間がたっぷりあるGWこそ、片づけのチャンス」と話す。

「片づけには、最初にモノを『分ける』、次に『減らす』、そして最後に『収める』という3ステップがあります。なかでも大事なのは分ける作業。必要なのかを見極め、減らしてから整理しないと、すぐに散らかってしまいます。この仕分け作業は意外と頭を使うし、時間もかかります」

 いきなり収納グッズをそろえ、形から入るのは失敗のもとだ。まず、モノを「今使っている(A)」と「使っていない(B)」に分け、Bを「使っていないし、捨ててもいい(B-1)」、「使っていないけど、捨てたくない(B-2)」に分類する。

「片づけが苦手な人は、使わないのに手放せない(B-2)が多いのが特徴。男性は趣味のコレクションや、思い出の品を捨てられないことが多いです。使わないモノはできるだけ捨てたいですが、無理に捨てる必要はありません。迷ったら一度段ボールに保管するのも手。半年後に見直すと、手放す気分になることもあります」

 片付けがラクになるグッズをいくつか紹介しよう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン