ライフ

ロトセブン、同じ売り場から1等9億3358万3800円×3本

合計28億円もの大当たりが出た売り場も(写真はイメージ)

 今年3月29日に抽せんされた数字選択式宝くじロト7で、高知県高知市の「イオンモール高知チャンスセンター」の売り場から、1等9億3358万3800円が3口、合計28億75万1400円の大当たりが出た。

 みずほ銀行宝くじ部の発表によると、同じ抽せん日に同じ売り場で出たロト7の当せん金としては、史上最高額とのこと。

 ロト7は、同じ組み合わせの数字を何口も購入できたり、数回先まで継続で買えるシステムがある。もしかしたら「3回継続」で買ったつもりが、誤って「3口」購入にマークしてしまったとも考えられる。

 7年前の2013年5月17日には、香川県観音寺市の「観音寺チャンスセンター」から、ロト7の1等8億円が2口、合計16億円が出たことがある。

 二度あることは三度あるというが、次の超高額当せんも四国から誕生するかもしれない。

 数字選択式宝くじの抽せん・販売・換金は、大型連休中も行われる。四国に行く予定のあるかたは、購入してみてはいかがだろう。思わぬ幸運を手にできるかも。

※女性セブン2019年5月2日号

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン