• TOP
  • ライフ
  • あえて「都心の一戸建て」に住む選択とメリットを考えてみた

ライフ

2019.05.12 07:00  NEWSポストセブン

あえて「都心の一戸建て」に住む選択とメリットを考えてみた

 結局、マンションか戸建てかという議論は基本的に神学論争である。要はそれぞれの個人が「どちらに住みたいか」というだけの話である。ただし、どちらにコストがかかるかという面だけなら結論は出せる。

 従来、戸建てはマンションよりも価格が高かった。昭和の時代は「戸建ては高くて買えないからマンション」という流れが普通だったのだ。だから「ちょっと通勤時間は長くなってでも郊外の庭付き一戸建て」という選択をする人々がいた。主に団塊の世代以上の人が家を買っていた時代の話だ。

 ところが、最近はむしろ一戸建てのほうが安かったりする。それも都心エリアでそういう現象が起きている。少し調べれば誰でも分かる。不動産サイトなどで都心の新築一戸建てを探してみればいい。

 例えば、文京区内であれば新築マンションの販売価格は坪単価にして400万円台の前半あたりが相場観になっている。ところが、文京区内で販売されている新築一戸建てで、延べ床面積から坪単価を計算すると約300万円台の前半が相場だ。床面積だけで考えれば、マンションよりも1坪あたり約100万円も安いことになる。

 これは文京区だけではなく、都心の全域でみられる現象だ。ただし、冒頭で書いたように新築一戸建ての販売戸数は非常に少ない。また1物件ずつ確認したわけではないが、日当たりなどの条件もさほどよろしくないと推測できる物件もある。中にはビルの谷間のような立地もあるだろう。

 しかし、販売価格やランニングコストは安い。こういう平凡な事実はあまり知られていないので、マイホーム購入を考えている人は、最初からマンションと決めつけずに一戸建ての選択肢も検討してみてはどうか。

関連記事

トピックス