• TOP
  • ライフ
  • あえて「都心の一戸建て」に住む選択とメリットを考えてみた

ライフ

2019.05.12 07:00  NEWSポストセブン

あえて「都心の一戸建て」に住む選択とメリットを考えてみた

 また、ランニングコストも大きく違う。一戸建て住宅を維持するのにかかる費用は、基本的に固定資産税や都市計画税のみ。どこかが壊れれば修繕費が発生するが、新築時にきちんと施工されていれば30年でかかる費用は100万円に満たない場合も多い。駐車場のスペースがあれば、そこにマイカーを置く費用も発生しない。

 これに対して、マンションには税金の他に管理費や修繕積立金がかかる。駐車場を使えば月額使用料も発生する。現状、都心なら管理費と修繕積立金を合わせて平米単価400円程度。80平方メートルなら3.2万円。駐車場使用料は4万円。仮に月々7.2万円を30年払うと2592万円になる。少なくない額だ。

 もちろん、マンションのほうが戸建てよりも優れた点はいくつもある。まず、何よりも頑丈である。少々の地震では倒壊する危険性はないとされる。また、台風で屋根を飛ばされる心配もない。

 次に、断熱性や遮音性が高い。確かに、マンションは暖かい。住戸の向きにもよるが冷房も効きやすい。家電量販店にいくと、戸建なら6畳に適したエアコン製品はマンションなら8畳くらいで使えると表示されている。

 遮音性については、外部からの騒音については木造の戸建てよりも鉄筋コンクリートのマンションのほうが如実に優れている。しかし住戸間の壁がコンクリートの入った湿式ではなく、石膏ボードを使った乾式なら、隣戸の生活音が聞こえてしまったりする。

 清掃や管理もマンションのほうがラクだろう。共用部分は基本的に管理人さんたちが清掃してくれるし、マンションは基本24時間のゴミ出しが可能だ。戸建ての場合は寒い冬でも朝早くに起きて、指定のゴミ収集場所まで運ばなければいけない。その他、共用部分の植栽の管理とか自転車置き場の整理も管理人さんの仕事。住民は一切やらなくて良い場合がほとんどだ。

 そして、最も大事なことは耐用年数。鉄筋コンクリートのマンションはメンテナンスさえしっかりしていれば100年くらい使えそうだ。しかし木造の一戸建ては50年もすればかなり老朽化している。100年は無理だろう。

 このように「住む」という機能だけで考えればマンションのほうが優れているが、コストがかかって、様々な手続きが面倒くさいのは事実。

関連記事

トピックス