ライフ

うつ病は肉食と日光浴で予防、まあいいかで自分を許すことも重要

セロトニンのもとになるたんぱく質をしっかり摂取しよう

 今や認知症は大きな関心事で、情報も数多く発信されるようになった。そんななかで見過ごされやすいのが“老人性うつ”だ。認知症とうつの区別がつかず、放って置かれるケースが少なくない。うつの主な原因は、セロトニンと呼ばれる脳内の神経伝達物質が減ること。高齢者の精神科医療に携わる和田秀樹さんはこう言う。

「セロトニンは、高齢になるほど減る傾向にあります。また高齢者は、子供の独立、配偶者や親しい人との死別など、インパクトの強いストレスや悲しみと向き合う機会も多い。病気にまで至るか、どんな症状が際立つかは個人差もありますが、基本的に高齢者はうつになりやすいのです」

 見過ごしやすいうつだが、いち早く見つけて治療につなげたい。老人性うつの気づき方を、間違えやすい認知症との比較で教わった。

「もの忘れでも意欲低下でも、認知症の場合は脳が少しずつ萎縮するので、症状の現れ方も少しずつ。いつの間にか現れて、始まった時期がはっきりしないことが多いものです。これに対し、うつは急にガクンとくる。セロトニンの量が減ってきて、ある時、限界点を超えて発症するため、始まりがわかりやすい。

 また認知症とうつが合併することもあります。ダブルパンチなので症状は急で重いことが多いのですが、うつをきちんと治療すれば、症状は軽減できます。急な変化に気づいたら、ぜひ専門医を受診しましょう」(和田さん・以下同)

 さらに和田さんは、セロトニンを維持してうつを予防する“肉食系”食生活をすすめる。

「まずは肉などのたんぱく質をしっかり摂ること。粗食に偏りたんぱく質が減ると、セロトニンの材料となるトリプトファンや、セロトニンを脳へ送るコレステロールが摂れません。 また日光を浴びることでもセロトニンが増えます。日中は外へ出て、活動的に過ごしましょう」

失敗も、うまくいかないことも、笑い飛ばす“ゆるさ”を

 もう1つ大切なことは、“ものの考え方”を柔軟にすること。考え方で病気を防げるのかと疑問に思ったが、うつの治療の1つでもある効果的な方法だ。

「うつは“こうあるべき”と決めつける、かたくなな人がなりやすい傾向にあります。老いれば“自立すべき”“人に迷惑をかけてはいけない”という理想が叶わない状況が増えるわけで、こだわるとうつに陥りやすくなります。うまくいかなくても“まあいいか”と、自分を許せる柔軟性が大切になってきます」

 これは子供世代にもいえることだ。親の衰えを認められず、介護うつになる人が少なくないという。

「今は“いつまでも若く”という風潮が強いけれど、老いを上手に受け入れられないとうつになりやすい。長い老後、70代くらいまでは老いに抗い、がんばってもよいけれど、80代近くになったら“まあいいか”という生き方にシフトチェンジを。子供世代もその時期をよく見極めて、応援したり、ゆるく寄り添ったりしましょう」

イラスト/やまなかゆうこ

※女性セブン2019年6月13日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン