芸能

永作博美がカフェオープン ワンオペ状態でてんてこ舞い

営業終了後、疲れた表情の永作

「お待たせしてしまって申し訳ございません! サービスで大盛りにしますし、ケーキも召し上がってください」

 厨房から出てきたお団子ヘアの女性は、額の汗をぬぐいながらそう言って頭を何度も下げた。

 都心のオフィスビル街でランチ時の飲食店が忙しいのは当たり前。5月20日にオープンしたばかりのおしゃれなカフェも例外ではない。カウンターとテーブル、計23席のこぢんまりとした店内は、午後1時を過ぎても満席が続いていた。

「店内はウッディーな内装で、手作り感あるアットホームな雰囲気でした。オープンしたてだからかうまく回せていなかったですね。午後1時に入って、ハンバーグプレートが出てきたのは注文から1時間後(苦笑)。おいしかったからよかったですが…でももっと驚いたのは、頭を下げた店長らしき女性。なんと永作博美さん(48才)だったんです」(客の1人)

 この店は、永作が主演した映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』(2015年公開)の舞台となった珈琲店をモチーフに彼女がプロデュース。2015年に原宿の路地裏にオープンし、この5月に移転したばかりだった。

 原宿店では店頭に立つこともあったようだが、厨房に入ることはなかった。移転後は、まるで“ワンオペ状態”だった。

「ホームページではスタッフを募集していましたが、まだ適当なかたが見つかっていないのでしょう。この日は永作さんがずっとひとりで調理していました。すっぴんでキーマカレーの鍋を混ぜている姿は鬼気迫るものがありましたね。ホールスタッフも1人いたけど、まだ不慣れなようで、永作さんがテーブルのお皿まで片づけに出てきていました。

 そんな時にお店にフラッと入ってきた中年男性が“お茶だけしたいってお客さんがいるんだけど…”と永作さんに声を掛けたんですが、彼女は“今はそんな余裕ないでしょ!”とすごい剣幕で…。男性は“おれ、何もできなくてごめんね”とうつむいて帰っていっちゃいました」(前出・客の1人)

 この男性は永作の夫で映像作家の内藤まろ氏(49才)。

 永作は1989年、19才の時に3人組アイドルの『ribbon』で歌手デビュー。女優に転身後はドラマ『週末婚』や『四つの嘘』、映画『人のセックスを笑うな』などの話題作で存在感を見せ、一躍人気女優となった。仕事が順調な一方で、プライベートでは結婚の話が全く出ず、アラフォー女性にとって“負け犬の星“などといわれていたが、2009年、38才で電撃結婚した。

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
駅伝でも“エスビー軍団”は最強を誇った(1984年の東日本実業団対抗駅伝で瀬古からタスキを受けるロス五輪1万m代表の金井豊。写真/共同通信社)
瀬古利彦を育てた中村清監督、エスビー時代に繰り返し伝えた「才能は有限、努力は無限」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)
巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン