ライフ

「令和」の舞台を巡る 引用元として脚光浴びる福岡・太宰府

『太宰府政庁跡』に隣接する『太宰府展示館』には、令和の由来となった梅花の宴を再現した博多人形のジオラマが

『万葉集』に収められた『梅花の歌三十二首』の序文が新元号“令和”の引用元と発表されて以来、一躍脚光を浴びている福岡・太宰府。そんな令和ゆかりの地を巡る。

『梅花の歌三十二首』は、大宰府や九州諸国の役人を招き、大伴旅人の邸宅で開かれた宴で詠まれた。旅人の邸宅があった場所は、『大宰府政庁跡』近くや『坂本八幡宮』など諸説あるが、改元の発表に伴い問い合わせが殺到。大型連休中は数万人の観光客が訪れた。

「坂本八幡宮は地元が守ってきた小さな神社。ここ数年で参道を整備し、今年3月には境内のいすを新調。きれいになったところで注目され、導かれていたようで驚いています」(坂本八幡宮 氏子会会長・一臣木原さん)

【大伴旅人ってどんな人?】
 728年頃に大宰府へ赴任した政治家・歌人で、歌を詠む宴を開いた。『万葉集』編者の大伴家持の父。

◆大宰府政庁跡
住所:太宰府市観世音寺4-6-1

 大宰府は、7~12世紀に古代九州を統括。地方最大規模の都市として栄え、外交の窓口でもあった。約211×111.6mほどの政庁跡には礎石が残り、自由に散策できる。春は桜の花、秋は紅葉と四季を通してハイキングコースとしても人気。

『大宰府政庁跡』に隣接する『大宰府展示館』には、令和の由来となった梅花の宴を再現した博多人形のジオラマが。山村延燁氏が30年ほど前に製作。

坂本八幡宮

◆坂本八幡宮
住所:太宰府市坂本3-14-23 
※書き置きの御朱印・御札の授与は月・木曜以外の9時~16時予定。手書きの御朱印は不定期

 平安時代には土地神様として崇拝された、応神天皇をご祭神とするこぢんまりした神社。毎年、七夕や11月に地元の人たちによって祭が行われている。改元を機に、参拝客が急増。

撮影/深澤慎平

※女性セブン2019年6月20日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)
社会学者・宮台真司氏、襲撃被害の直前にツイッターユーザーと交わした過激な議論
週刊ポスト
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
新井恵理那アナ、佐久間みなみアナも参戦 W杯激戦の裏で女子アナ「自撮り応援合戦」
NEWSポストセブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン
「田中碧選手のファンです!」と語る2人組
「“にわか”で初めてユニフォーム着た!」渋谷で田中碧ファンのほろ酔い女性が逆転弾に大興奮
NEWSポストセブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
夫・力道山の墓参りに訪れた敬子さん
「祖父は相場師、父は『麦と兵隊』に登場」力道山未亡人は家族も激動の人生だった【力道山未亡人~元日航CA・田中敬子の数奇な半生~#2】 
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン