芸能

TBS安住紳一郎アナが異例の大出世 部門のナンバー2に

異例の昇進が明らかになった安住アナ

 TBSの安住紳一郎アナ(45才)が、先輩アナを差し置いて“異例の出世”をしていたことが明らかになった。

 6月から7月にかけてはテレビ局にとって人事異動の季節。今年は人気アナウンサーの人事に大きな動きがあった。

 日本テレビでは6月1日付で、桝太一アナ(37才)がアナウンス部副主任から主任へ、水卜麻美アナ(32才)が平社員から副主任へと昇進。年齢からするとかなりの“スピード出世”だった。

 さらに驚きの人事があったのはTBSの安住紳一郎アナ(45才)だ。安住アナはこれまで、アナウンスセンター・エキスパート職という肩書で「部次長待遇」だったが、7月1日付で「局次長待遇」に昇格する。ちなみに次長とは、部門の責任者に次ぐ“ナンバー2”の役職のことだ。TBS関係者が語る。

「TBSの場合、組織図として『部』の上に『局』がくる。簡単にいえば部長より局長の方が上ということ。今回の人事では、安住アナより入社年次が4年上の初田啓介アナ(48才)や1年上の土井敏之アナ(48才)は、同じエキスパート職の“部次長待遇”から“部長待遇”に昇進しますが、安住アナは『部』を飛び越えて『局』のナンバー2になるわけです。いわば“二階級特進”であり、極めて異例。先輩アナを抜いて出世する形になった」

 この人事には、TBSが夜のニュース番組『NEWS23』のメインキャスターに、今年3月にテレビ朝日を退社したばかりの小川彩佳アナ(34才)を抜擢したことも影響しているという。

「『NEWS23』はTBSの看板報道番組。そこにテレ朝から小川アナを引っ張ってきたことで、TBSの局アナたちは“自分たちは軽んじられているの?”と疑心暗鬼になりました。安住アナも上層部に対し、かなり不満を募らせていたようです。

 TBSは近年、安東弘樹アナ(51才)や吉田明世アナ(31才)、宇垣美里アナ(28才)などといった人気アナの退社が相次いでいる。この上さらに絶対的エースの安住アナまで退社なんてことになったら局としては大打撃。今回の二階級特進には、安住アナの独立を防ぐと共に、“ちゃんと局アナのことも尊重しています”というメッセージも込められているのでしょう」(前出・TBS関係者)

 この人事の狙いについてTBSは「人事発令に関してお話できることはありません」(広報部)と回答するのみだった。“昇進”というニンジンで“局の顔”を守れるか。

※女性セブン2019年7月4日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン