ビジネス

ドーミーインも参入する「ホテル暮らし」の進化形態とは

中長期の滞在でホテルライクなサービスが受けられる「ドーミーレジデンス市ヶ谷」

中長期の滞在でホテルライクなサービスが受けられる「ドーミーレジデンス市ヶ谷」

「ホテル暮らし」と聞くと、有名人が自宅代わりに都内の一流ホテルに長期滞在しているようなイメージを持つが、近年はホテル業態の多様化やライフスタイルの変化、訪日外国人の増加も相まって、中・長期の利用が可能なホテルも増えた。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、さまざまな泊まり方を提案するホテルの進化形態をレポートする。

 * * *
 ホテルが多様化する中、本来の“宿泊”についても従来見られなかったサービスが目立つようになった。

 まず、特徴的なワードとして挙げたいのが「タイムシェア」。そもそもタイムシェアという言葉は、ハワイなどのリゾートにあるコンドミニアムホテルを1週間単位で購入し物件を共有するスタイルのことを指す。

 一方、最近日本で用いられるホテルのタイムシェアというワードは、一定期間(長期)のタイムシェアといった意味とは異なり、“短時間利用を可能にするサービス”を指す場合が多い。一般的なチェックイン○○時~チェックアウト○○時というのではなく、「24時間のうち〇時間利用可能」「○○時~○○時の間の○時間利用可能」といったスタイルである。

 ホテルの短時間利用はいまに始まったことではなく、レジャーホテル(ラブホテル)では2時間、3時間といった休憩利用は一般的だ。最近では「デイユース」などと呼ばれ、ビジネスホテルなどでもプランを見かけるようになった。デイユースは男女が特定の目的に短時間利用することもあれば、サラリーマン単身での仮眠・休憩利用も多いという。日中、都心で静かに仕事するために利用するという人もいる。

 短時間利用のタイムシェアスタイルはカプセルホテルでも見られる。進化系カプセルホテルとして人気の「豪華カプセルホテル安心お宿」では、“お昼寝(デイユース)プラン”として、「お昼から深夜まで、いつでも予約可能」と公式サイトで大々的に謳っている。気軽に利用できる点では、よりタイムシェア向きの業態であろう。

 また、レンタルルームや漫画喫茶なども一定の時間にプライベート空間が提供され、“ホテルがライバル”と掲げる店もあるが、法律的に宿泊業との差異のひとつが寝具の有無。また、空間の仕切りや分煙などの点も施設の利用に際しては考慮したい。いずれにしても料金が安価なのは大きな特色だ。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン