ビジネス

ドーミーインも参入する「ホテル暮らし」の進化形態とは

 冒頭で“購入する”スタイルを紹介したが、購入という点でいえば会員制ホテルの人気は高まっている。形態としては、募集口数で割った持分を所有する所有権付会員権、利用する権利だけ持つ利用権制、預託金制など様々であるが、中でも“ポイント制”は多く見られる。利用する権利をポイント購入し、ポイントに応じて回数分利用できるスタイルで、法人が社員の福利厚生などに利用するケースも顕著だ。

 最近、プリンスホテルが会員制ホテル事業に乗り出すことがニュースになった。名称は「プリンス バケーション クラブ」。第1弾として、軽井沢 浅間プリンスホテルの敷地内にヴィラタイプの「プリンス バケーション クラブ ヴィラ軽井沢浅間」、ホテルタイプの「プリンス バケーション クラブ 軽井沢浅間」を2019年7月8日に開業することを発表した。

 会員権の販売は東急不動産と連携し東急リゾートに販売の一部を委託。会員制リゾートホテル「東急ハーヴェストクラブ」の会員との施設の準相互利用も2019年7月から可能にする。滞在価値の向上のため敷地内には温泉棟を新設、ホテル棟と温泉棟の間はモノレールも新設するという。

 長期ステイ、住まうように滞在するという点では、ホテルにレジデンス(高級分譲アパート)を併設するスタイルも増えている。レジデンス部分を分譲することにより投資資金を回収できるし、建築コストのリスクを緩和する狙いもある。付帯施設はもとよりホテルライクなサービスとレジデンスは相性が良いのだ。

 レジデンス、ホテルライクといえば、「サービスアパートメント」というワードも見かけるようになった。一般のマンションとの違いは、家具や家電をはじめ調理器具から食器までついていることや、室内の清掃、コンシェルジュサービスが受けられるといった点も魅力として挙げられるだろう。何より敷金・礼金が不要だ。

オークウッドホテル&アパートメンツ新大阪

オークウッドホテル&アパートメンツ新大阪

 洗練されたサービスと高級感で人気なのはオークウッドブランド。都心を中心に最近では新大阪にも開業した。“オークウッドプレミア”“オークウッドレジデンス”“オークウッドアパートメンツ”といった多彩なスタイルの施設を利用目的に応じてフレキシブルにセレクトできる。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト