ビジネス

ドーミーインも参入する「ホテル暮らし」の進化形態とは

中長期の滞在でホテルライクなサービスが受けられる「ドーミーレジデンス市ヶ谷」

中長期の滞在でホテルライクなサービスが受けられる「ドーミーレジデンス市ヶ谷」

「ホテル暮らし」と聞くと、有名人が自宅代わりに都内の一流ホテルに長期滞在しているようなイメージを持つが、近年はホテル業態の多様化やライフスタイルの変化、訪日外国人の増加も相まって、中・長期の利用が可能なホテルも増えた。ホテル評論家の瀧澤信秋氏が、さまざまな泊まり方を提案するホテルの進化形態をレポートする。

 * * *
 ホテルが多様化する中、本来の“宿泊”についても従来見られなかったサービスが目立つようになった。

 まず、特徴的なワードとして挙げたいのが「タイムシェア」。そもそもタイムシェアという言葉は、ハワイなどのリゾートにあるコンドミニアムホテルを1週間単位で購入し物件を共有するスタイルのことを指す。

 一方、最近日本で用いられるホテルのタイムシェアというワードは、一定期間(長期)のタイムシェアといった意味とは異なり、“短時間利用を可能にするサービス”を指す場合が多い。一般的なチェックイン○○時~チェックアウト○○時というのではなく、「24時間のうち〇時間利用可能」「○○時~○○時の間の○時間利用可能」といったスタイルである。

 ホテルの短時間利用はいまに始まったことではなく、レジャーホテル(ラブホテル)では2時間、3時間といった休憩利用は一般的だ。最近では「デイユース」などと呼ばれ、ビジネスホテルなどでもプランを見かけるようになった。デイユースは男女が特定の目的に短時間利用することもあれば、サラリーマン単身での仮眠・休憩利用も多いという。日中、都心で静かに仕事するために利用するという人もいる。

 短時間利用のタイムシェアスタイルはカプセルホテルでも見られる。進化系カプセルホテルとして人気の「豪華カプセルホテル安心お宿」では、“お昼寝(デイユース)プラン”として、「お昼から深夜まで、いつでも予約可能」と公式サイトで大々的に謳っている。気軽に利用できる点では、よりタイムシェア向きの業態であろう。

 また、レンタルルームや漫画喫茶なども一定の時間にプライベート空間が提供され、“ホテルがライバル”と掲げる店もあるが、法律的に宿泊業との差異のひとつが寝具の有無。また、空間の仕切りや分煙などの点も施設の利用に際しては考慮したい。いずれにしても料金が安価なのは大きな特色だ。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト