ライフ

清少納言 健康の秘訣は漢方シロップのかき氷だった

漢方シロップのかき氷を食べていたとされる清少納言(イラスト/アフロ)

 歴史に残る女性たちの食生活には、健美につながる秘密が隠されている。体は食べ物からできているから、令和の時代に生きる私たちも参考にしていきたいものだ。日本の史実に名を刻む2人の女性はどんな食事を摂っていたのか?

◆清少納言/漢方シロップのかき氷で滋養アップ

 平安時代の随筆で清少納言が記した『枕草子』には、かき氷に関する最古の記述がされており、「削り氷」と呼ばれていた。作家・歴史エッセイストの堀江宏樹さんはこう言う。

「清少納言は氷に甘葛(あまずら)からしぼった汁をかけていたと記されています」

 甘葛とは、ツル性植物から抽出した甘味料を指し、平安時代までは貴族らの間で砂糖の代わりに使われていた。当時は貴重な糖分源だったが、現代では摂取過多に注意が必要という。漢方薬に詳しい、あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんはこう付け加える。

「成分は果糖、ブドウ糖、ショ糖。ただし、糖分が高いため、摂りすぎると糖尿病の危険性もあります」

◆春日局/究極の「七色飯」を考案

家光のために究極の健康食を考案した春日局(イラスト/アフロ)

 徳川3代将軍・家光の乳母として徳川家に忠義を尽くした春日局が、究極の健康食として家光のために考案したとされるのが「七色飯」。

 赤小豆飯、湯取飯(炊いたご飯を水洗いし、蒸し上げたもの)、茶飯(抹茶を煎じた汁で炊いたご飯)、粟飯、引割飯(米を砕いて炊き上げたご飯)、麦飯、乾飯(炊いた餅米を乾燥させて臼で砕き、熱湯をかけたご飯)で構成されている。七色飯は健康効果が高い。

 白澤抗加齢医学研究所の所長で医学博士の白澤卓二さんは、赤小豆は栄養豊富だという。

「赤小豆に含まれるビタミンB1は糖質の燃焼を促し、粟には白米の7倍の食物繊維と6倍の鉄分、5倍のマグネシウム、3倍のカルシウムとカリウムが含まれ、ダイエットにもいい」

※女性セブン2019年7月11日号

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン