芸能

広末涼子「子供のために2億円豪邸購入」で女優とママを両立

子育ても独自路線を行く

女優としてもママとしても一流

 7月18日に39歳の誕生日を迎え、女優として円熟味を増す広末涼子。ドラマに映画にひっぱりだこだが、3人の子供を育てる“ママ業”にも手は抜いていない。そんな彼女は、実はここ2年ほどの間に大きな決断をしていたようだ。

 東京都心から少し離れた私鉄沿線の高級住宅街。大通りから脇道に入って、入り組んだ一角を進むと、白壁の豪邸が目に入る。高さ約2メートルの門扉に、車2台は入る駐車場。周囲にズラリと並ぶ豪邸の中でも洗練された印象のある外観だ。

「最近、広末さんがお子さんを連れているのをよく見かけます。夫のキャンドル・ジュンさん(45)も見かけますね。広末さんは子煩悩そうで、お子さんと一緒の時はいつも笑顔です」(近くの商店の店員)

 広末がこの家を購入したのは、一昨年の夏頃。その年の冬にはリフォームを経て、新居が完成したという。

「もともとあった家を改築していました。運ばれていく家具などが高級品ばかりだし、ゲートやシャッターも立派なのを作っているから、誰が引っ越してくるのかなって近所のみんなで話していたんです。それで最近、広末さんをよく見かけるなあと思っていたら、その家が広末さん宅だったんです」(近隣住民)

 もともと広末夫妻は都心のマンション住まいだった。女優としての仕事には都心は便利だが、そこから引っ越したのには理由があったようだ。転居先は次男が通う小学校から徒歩圏内だという。広末の知人が語る。

「この小学校と広末さんの結びつきは強い。長男はここを卒業後、付属の中学校に進学。4才の長女は系列の幼稚園に入っています。広末さんは小学校の父母会の役員にも名を連ねているほど。広末さんとしては“子供たちのために通学しやすい場所に”という思いがあったのでしょう」

 広末は、来年もシンガー・ソングライター長渕剛の21年ぶり映画主演作『太陽の家』など、話題作2本の公開を控える。そんな多忙な中、子供たちと向き合うひとときを大切にしたいのかもしれない。

「この小学校のまわりは高級住宅街です。中古物件とはいえ、リフォーム代金や土地代などを合わせても2億円はくだらない。しかも広末さん夫妻は住宅ローンを組まずにキャッシュで購入しているようです」(不動産関係者)

 子供のために惜しむものはない──そんな広末の意気込みが聞こえてくるようだ。

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン