芸能

芦田愛菜が山中伸弥教授に聞いた「AI時代をどう生きるか?」

芦田愛菜と京都大学iPS細胞研究所所長・教授の山中伸弥さんの対談が実現

 初著書『まなの本棚』で、これまで読んできた本について熱く語っている芦田愛菜(15才)。その中でも、読書好きの彼女がぜひお話を伺いたいと熱望したのが、京都大学iPS細胞研究所所長・教授の山中伸弥さん。SF小説好きという共通点もあり、世代を超えて盛り上がった対談から、本書に未収録部分を公開します。

◆SF小説ですら想像できなかった方向に、世の中は動いているんです

山中先生:今の時代では当たり前に使われているけど、数十年前にはSF小説のように、夢の世界だったものは、たくさんあります。たとえば、愛菜ちゃんは、物心ついたときからインターネットやスマホはありましたよね。でも、ちょっと前の時代にはインターネットやスマホは全然なかったんですよ。信じられますか?

愛菜:ちょっと信じられないですね。母から「昔は電話のボックスみたいなのを持ち歩いて、携帯電話として使っていたんだよ」と聞いたことがあります。

山中先生:三十年少し前には、携帯電話も存在していなかったですから。どうやって、その時代の人たちがスマホがない状態で生活をしていたのか。愛菜ちゃんには、想像できないでしょう?
 
愛菜:そうですね……。考えられないです。

山中先生:僕が、愛菜ちゃんと同じ中学生の頃は、コンピュータというと、いま僕らがいるiPS細胞研究所のビル全体ぐらいの大きさのものもありました。少なくとも、部屋いっぱいくらいのスペースがないと、ちゃんとしたコンピュータとは言えなかったんです。

 僕がはじめてコンピュータに触ったのは、大学院生くらいのときです。NECから発売されたパーソナル・コンピュータだったのですが、その時は本当に感動しました。でも、それも、いまからたったの二十数年前のことです。その当時、記録装置といえばテープレコーダーだったんですよ。あ、愛菜ちゃんは、テープレコーダーって見たことありますか?

愛菜 あります! ギリギリ見たことがあります。

山中先生:ギリギリですか(笑い)。当時は、自分でパソコンのプログラムを作ったら、それをテープレコーダーに覚えさせていたんです。そして、データを引き出したいときは、またパソコンにピーポーパーポーっていう電子音を読み込ませて、またプログラムを作るんです。二十数年前くらいでそういう状態ですが、さらにその二十年前のパソコンすらない時代、人間は月に行っているんですよ。もう信じられませんよね。

愛菜:うーん。想像がつきませんね……。

山中先生:今でも月に行くのは大変ですよね。1960年代に「よく月に行けたなぁ」って思います。でも、それを言ったら、何千年も前に作られたピラミッドも「よく作れたなぁ」って思いますよね。昔の人が現代の僕たちにもなかなかできないことをやりとげていたのを知ると、「本当に僕たちは賢くなっているんだろうか?」と、時々わからなくなります。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン