スポーツ

渋野日向子のパットが入る理由 2種類の独自練習の効果は

全英を制したシンデレラガールのパットの秘密を解説(写真/Getty Images)

 全英女子オープンで日本人として42年ぶりにメジャーを制した渋野日向子(20)。勝負所で長いパットを次々決め、最終日の最終18番では7メートルの下りスライスを強気のパットで沈めて優勝を決めた。

 パットが得意なように思えるが、実は昨年まではパットが大の苦手だった。主戦場のステップアップツアーでもパーオンホールの平均パット数はベスト10に入るのがやっとだった。しかし今年はLPGAツアーで平均パット数1.7660の堂々3位。一時はトップに立ったこともあった。苦手を克服できたのは、全英で渋野のバッグを担いでいた青木翔コーチ(36)の指導が大きい。

 青木氏はまず、渋野のパターをマレット型からピン型に持ち替えさせた。渋野はフォローでフェースが開きながら外に抜けるクセがあったため、ヘッドの慣性モーメントが大きく操作しづらいマレット型から操作性の高いピン型に変えさせたのだ。意識的にフェースを閉じたフォローをすることでイントゥインのストロークとなり、球の回転と方向性が飛躍的によくなった。

 そしてもう一つ大きな効果を発揮したのが下の2種類の“ドリル”である。

【ドリル1「半径1メートル」】

 スタート前に、7m以上の3か所からカップを中心とした1mの円の中に3球ずつ入れるロングパットの練習をする。カップに入れることを目的とせず、その日の距離感の基準を作るための練習。基本的にはできるだけフラットなストレートラインを7、12、15mから打つが、機械的にならないために、距離やライなど毎日少しずつ変える。フィーリングを養うことが目的で、ホールアウト後にはこの練習はやらない。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト