国際情報

韓国の日本不買運動で浮き彫りになった「斉一性の圧力」

これまでとは対照的に元気がない文在寅大統領(時事通信フォト)

 臨床心理士・経営心理コンサルタントの岡村美奈さんが、気になったニュースや著名人をピックアップ。心理士の視点から、今起きている出来事の背景や人々を心理的に分析する。今回は、韓国で拡大する日本製品の不買運動を分析。

 * * *
 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、8月15日の演説で日本批判をトーンダウンさせた。日本統治からの解放を記念する「光復節」の式典で、反日強硬姿勢を取ると思われていただけに拍子抜けだ。

「今からでも日本が対話と協力の道に出れば、我々は喜んで手をつなぐ」と淡々と演説したが、式典に参加した人々からの拍手もまた淡々としたものだった。“ワンコリア”という言葉で朝鮮半島の平和と統一を掲げ、「日本を追い越す」と経済大国への未来を語り、最後は「我々はできます」と言い切ったものの、熱狂的な拍手や歓声は返ってこなかった。

 それもそうだろう。反日姿勢を鮮明にして、国民の反日感情を煽るような発言を繰り返して支持率を上げてきたのは文大統領自身だ。日本の輸出管理強化で韓国がホワイト国から除外されると、文大統領は対決姿勢を強めた。日本を「盗人猛々しい」と激しく批判し、「日本に二度と負けない」と発言。これにより、韓国で展開されていた日本製品の不買運動は一気に広がり、5日には「南北の経済協力が実現すれば一気に日本の優位に追いつける」とも発言した。

 文大統領の発言により、民間レベルで始まった不買運動が公共機関や自治体にまで波及し、観光客で賑わう明洞(ミョンドン)を含むソウル中区の通りでは6日、中区の区役所が反日旗を掲げるという騒ぎも起きた。人々は日本への旅行を取り止め、日本製品をボイコット。「不買運動に参加しない者は非国民」という声さえ聞こえるほどだ。韓国にとって反日は正義なのだろう。

 今韓国では、『反日種族主義』というソウル大学名誉教授の李栄薫(イヨンフン)らが書いた本が、ベストセラーになっている。反日を掲げなければ生きていけない「反日種族主義」が蔓延する今の韓国社会を批判的に表現したものだというが、まさに今の韓国を言い表している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト