国際情報

韓国の日本不買運動で浮き彫りになった「斉一性の圧力」

 それゆえ、「不買運動に同調しない者が非国民」とされるのは、社会的圧力に他ならない。同調とは、個人の判断が集団や他者の規範や判断に影響されることを言い、この時に生じる社会的圧力を「斉一性の圧力」という。斉一性とは一様に同じであること。家族や職場、仲間や地域など属する集団が積極的に不買運動をしていたら、正面から反対するより同調する傾向を強めるだろう。反対すれば無視され仲間外れにされ、下手をすれば制裁を受けるかもしれないと思えば、自分の意見はどうであれ同調してしまうのも仕方ない。

 一方、そんな中でも人知れず日本へ行ったり、日本製品を買う人々がおり、この人たちのことを“シャイジャパン”と呼ぶらしい。こういう表現が生まれること自体、韓国には斉一性の圧力があるということだろう。

 過熱する不買運動は韓国経済をブーメランのように直撃。韓国の大手航空会社やLCCでは、稼ぎ頭の日本路線が次々と運休。日本製品を売っている店も、日本食を出している店も経営者は韓国人、従業員も韓国人。サッカーのオウンゴールみたいに、「セルフ経済制裁」が起きているとまで言われる始末だ。

 悪化する日韓関係を前にして、野党は「反日を煽りすぎ」と文政権を批判し、「NO JAPAN」に代わって「NO安倍」のプラカードを掲げる人が増えているらしい。強行な構えを崩せない人々の中にも、やり過ぎ・行き過ぎを感じ、反日感情の矛先を変え始める人たちもいるようだ。

 文大統領が発言をトーンダウンさせたくらいでは、過熱した反日感情は収まりそうにない。「NO安倍」みたいに、矛先を“ちょっとだけ”変えるのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン