芸能

向井理は「結婚指輪、常に付ける派」 愛妻家な姿をキャッチ

芸能人オーラが出る向井スマイル

 8頭身並みのスラリとした男性が、猛暑にもかかわらずマスクとキャップを着用している。芸能人オーラが漂うのは、8月上旬に大阪にいた俳優・向井理(37)。主演舞台「美しく青く」の千秋楽を終えて、帰京するシーンだ。その左手薬指には、キラリと結婚指輪が光っていた。

 女性マネジャーと売店へ入ると、いくつかの紙袋を持って出てきた。居合わせた女性客は「お菓子のようなものを買っていました。ご家族へのお土産なのでしょうか。あんなかっこいい旦那さんが、出張から帰ってきた時にお土産を買ってきてくれるなんて、羨ましいです」と目を細めた。

 俳優は、仕事中は演技のために結婚指輪を外さなければならないため、面倒だったり紛失のリスクもあったりして、プライベートでは結婚指輪をつけていない人も多い。そんな業界だからこそ、向井の左手薬指は、よりまぶしさを際立させる。3才年上の女優・国仲涼子(40)との結婚生活が5年目に入っても、変わらぬ愛妻家ぶりを証明していた。

 舞台関係者は「舞台があると毎日のように共演者で飲みに行く役者が多い中で、向井さんは、まっすぐ帰るときが多いですね。ドラマ撮影の現場でも同じだと聞きます」と明かす。別の芸能プロダクションのマネジャーは「2人のお子さんがかわいくてたまらないようで、現場では共演者やスタッフに写真を見せることもあります」と語る。

 国仲とは2014年12月に結婚。翌年9月に第1子を授かり、昨年秋には第2子も誕生した。良妻賢母の国仲のサポートを受ける向井は、今年は再ブレークの兆しを見せている。春の連続ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では、吉高由里子(31)演じるヒロインの恋の相手のクールで包容力のある上司役を演じると、独身時代のように再び多くの女性ファンを虜にした。

 夫として、父として、俳優として、ますます忙しくなりそうだ。

アップで見ると左手薬指にキラリと光る指輪

アップで見ると左手薬指にキラリと光る指輪が

スタイルの良さと紙袋も目立った

スタイルの良さと紙袋も目立った

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
2016年の第24回参議院議員選挙で、高校の校内に設けられた期日前投票所で投票をする生徒(時事通信フォト)
未成年者の選挙運動が禁じられていることについて改めて考えてみた
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン