ライフ

主人の働きっぷりが「可愛い」と評判 大阪“天三の立ち呑み屋”

洋酒樽を角打ちテーブルにして、大勢の客たちで賑わう店内

 大阪市北区の天神橋筋商店街は、その2.6㎞という日本一の長さと、ぶらぶら歩いているだけで楽しくなるテーマパークのような雰囲気が自慢だ。

 天神橋1丁目から同7、8丁目まで600軒はあるという店舗を冷やかしながら歩くうちに、黄地に黒で屋号を書いたかなり目立つ看板を掲げた酒屋が見つかる。“天三(てんさん。天神橋3丁目)の立ち呑み(角打ち)屋”として浪速っ子に親しまれている『明昭屋』(めいしょうや)だ。

 平成の30年が過ぎ去ったことで、遥かに遠くなってしまった明治、そして昭和。昭和生まれが大半を占める角打ちファンの心を一瞬でノスタルジックな気分にさせるような屋号にまずは惹かれる。

「明治屋という問屋で働いていた祖父が、昭和2年に独立して始めた店なのでこの屋号にしたと、祖母に聞いたことがあります。でも、令和の今なら明治と昭和の元号をいただいたと考えたほうが楽しいかもしれないですね」と笑う3代目の森山高充(たかみつ)さん(53歳)。
 
 店の入り口辺りは、販売用の酒が並ぶ完璧な酒屋さん。そこを抜けて中ほどに行くと、大きな洋酒樽を立てた角打ち用テーブルが4卓。これがまた、つい囲みたくなるような雰囲気を醸し出していて、酒呑みを誘惑してくる。そこを抜けると、気持ちよく肘をついて10人ほどが飲めるカウンターが奥へと延び、その左側に沿って調理場というレイアウト。

 角打ちスペースとしての奥行きはかなりあるし、人気の店だけに客の姿もいつも多めだ。

「手ごろな安さでうまい酒が飲めること以上に、やっぱりタカ(高充)さんが魅力なんですよね。週に2日は助っ人が一人いるけど、あとはどんだけ混んでも一人でさばいててね。“いけねえ、揚げシューマイ頼まれてたんだ”とか呟きながらの慌てぶりが可愛いし、いつも一生懸命な姿に惚れてます」(60代、薬剤師)

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン