芸能

多部未華子の経理女子ドラマで考える 社員の不正を防ぐには

番組公式HPより

 とある石鹸メーカーの経理担当と他部署の社員たちとの人間模様を中心に、働く人のリアルな葛藤を描くNHKドラマ『これは経費で落ちません!』(金曜夜10時)の人気がジワジワと上昇中だ。

 第5話(8月23日放送)では、多部未華子演じる経理女子・森若沙名子が「職業的な倫理観」と「同僚への思い」との間で思い悩む。ある時、森若が、先輩経理部員・田倉勇太郎(平山浩行)の親友で同僚でもある熊井良人(山中崇)の不正の兆候に気付いたことがきっかけだ。

 熊井は単身赴任先の静岡工場で石鹸の製造機械のリース契約を任されていた。ところが、その契約金額が前年までの270万円から290万円へと値上げされていたことを森若が発見。日頃、熊井の経費の使い方に不信な点があったことから、森若は「不当に高い値段で取引し、先方から裏金を受け取っているのではないか」との疑念を持ち、直接、静岡工場に出向いて真相を確かめようとする。

 製造機械のリース元であるハマヤマ製作所の社長を森若が問い詰めたところ、熊井と共謀していたことが判明。熊井は退職することになってしまう。

「最初は数百円の領収書のごまかしだったのが、次第に金額が大きくなり、大事に発展することはよくある」というのは、『AI経理 良い合理化 最悪の自動化』(日本経済新聞出版社)など、経理に関する著書の多い「フリーランスの経理部長」前田康二郎氏だ。

「電車賃をごまかしたりしても数百円単位で咎められることは、ほとんどありません。それに味を占めて、次は飲食店での数千円、数万円というように段々金額が高くなり感覚が麻痺していく。そうした経理的な不正が社外で公になることは滅多になく、多額の横領事件など大事になってはじめて表沙汰になります。

 というのも、異常に高額な案件でなければ、経営者は外に出さず内々に処理しようとします。言うまでもなく、自社の信用問題になるからです。多くの場合、経理部長や人事部長、担当部署の部長、社長などとの話し合いの末に本人に引導を渡し、『自己都合』で退社という扱いにしているのです。『自分の周囲で不正なんて起きたことがない』と多くの人が思い込んでしまうのも仕方ありません」(前田氏)

 現実社会では、自らの不正が同僚に暴かれ糾弾される場面はどうもイメージしにくい。また、なかには「会社のカネは自分が稼いだもの」という意識の人もいて、“経費のごまかし”については罪悪感が希薄になるのかもしれない。だが、ドラマのようなケースは歴とした犯罪だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

熊本市内で自主トレを行っていた松田宣浩らだが……
巨人がソフトバンク退団の松田宣浩を獲得調査も「ムードメーカーとしての獲得はプライドを傷つける」の声
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン