国内

“ハマのドン”が交代 横浜カジノ誘致に追い風が吹き出した

横浜は当選確実?(写真/時事通信フォト)

 菅義偉・官房長官のお膝元である横浜のカジノ誘致“出馬表明”は、ライバルの候補地に衝撃を与えた。現在、国の認可の上限は3か所。候補地は全国10都市あまりだが、その中で一気に“本命”に躍り出た。

 早くからカジノ推進の旗振り役だった菅氏は「ギャンブル等依存症対策基本法」を作って慎重派だった公明党を説得し、カジノ開設までの手続きや営業規制などを定めた「IR(統合型リゾート)実施法」を成立させた中心人物だ。

 この秋、政府はいよいよ事業免許の審査や事業者を監督する独立機関「カジノ管理委員会」を設立し、認可に向けた基本方針を公表する。

 当然、菅氏は「その委員の人選から都市の選定まで大きな影響力を持つ」(カジノ議連幹部)とされる。

 まさにこれから選ぶという時に、その菅氏の側近として知られる林文子・横浜市長が観光名所「山下公園」に隣接する山下埠頭へのカジノ誘致を正式表明したのだから“1枠決まり”とみられるのは当然だろう。

 しかし、横浜の表明がギリギリになったのには事情があった。「ハマのドン」と呼ばれ、横浜港の港湾荷役を取り仕切ってきた横浜港運協会の藤木幸夫・会長の存在だ。

 地元政財界に隠然たる力を持つ重鎮で、菅氏の古くからの有力後援者だが、港湾荷役の拠点である山下埠頭へのカジノ建設に反対して2人は対立している。今回、「山下埠頭は聖地、博打場にはしない。命を張ってでも反対する」と記者会見で気を吐いた人物だ。地元経済人が語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン