ビジネス

ヨシケイ・アンバサダーの白石美帆 エコ&美味な料理を提案

ヨシケイのアンバサダーは栄養士資格も持つ女優の白石美帆

 食材(ミールキット)宅配サービスを行うヨシケイのアンバサダーに、一児の母で現在妊娠8か月の女優・白石美帆(41)が就任し、話題になっている。

 8月29日、都内で開かれた就任イベントに登場した白石美帆は、ふっくらしたお腹で注目を集めていた。日々の料理について聞かれると「子供が小さいのでなるべく薄味を心がけます。好きなバナナやサツマイモなど、甘味のあるものをあげると食が進む」と、母親目線で答えつつ、夏には「汗をかくのでカリウムを摂れる野菜たっぷりの食事を作ります」と、栄養士の資格保持者ならではの視点も披露した。

 イベントでは料理を振る舞う場面も。白石自ら企画会議に出席して開発を進めたという同社のメニュー「トリプル変化のタッカルビ」を調理。肉と特製だれの香ばしい香りを会場いっぱいに届けつつ、出来上がったタッカルビを若い男性記者に「あーん」で食べさせる“サービス”で盛り上げた。

◆エコの取り組みで環境大臣賞

 このイベントで白石が何度もキーワードとして挙げていたのは「エコ」の視点だ。タッカルビの食材を混ぜる際に、ヨシケイのミールキットの食材が小分けにされている点に触れ、「便利です。冷蔵庫に取りに行って、使わない分をまた冷蔵庫に戻して、という手間も省ける」と語った。冷蔵庫を何度も開けないのは、確かにエコにつながる。また、豚肉などが使う分だけポリ袋詰めにされており混ぜるだけで味付けできる工夫には「手を洗うという作業でタオルも汚れたりするので、それがないってエコですよね」ともコメント。

 今回、白石がコラボしてメニューを発売したのは、ヨシケイの「Ecoでおいしい コツコツごはん」というプロジェクトの一環だ。洗い物を減らしたりごみを少なくしたりといった小さな努力をコツコツ積み重ね、二酸化炭素(CO2=コツ)を削減したい、という思いから名付けられた。来年夏まで、順次新メニューも追加するという。

 イベントに出席したヨシケイ開発株式会社の林雅広社長は「2016年に発表された環境省の調査によれば、日本人の7割が環境問題に関心があるといい、その割合は近年増えているという。洗い物を減らしたりごみを少なくしたりすることで二酸化炭素を減らすような“良いこと”を、毎日コツコツと続けられれば良いと思っています」と語った。

 同社は毎日50万世帯に食材を提供し、年間売上高は800億円にのぼる、宅食業界のトップランナー。エコには以前から注力しており、カギ付きの宅配ボックスを設置し不在時にはそこに食材を入れることで再配達の負担を無くす「あんしんBOX」が、環境省が主催する「COOL CHOICE LEADERS AWARD」の「サービスリーダー部門」で環境大臣賞を受賞(2018年)した。

 メニュー自体にも以前からエコを考えた改良が加えられており、「時短の考え方を取り入れて、2年前には調理時間を従来の3分の2に減らすリニューアルをしました」(同社メニュー開発部部長の金子えり氏)という。

「食」は毎日のことだからこそ、エコへの取り組みは積み重なることで大きな力となる。今後も白石が考える新メニューに注目だ。

 ◆詳しくはヨシケイのHPまで

料理の手際の良さも目立った

料理の手際の良さもさすが

関連キーワード

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン