国内

読売会長(73)がスイス大使に、パーティ出席等で月収200万円

首相も読売グループをむげにはできない(写真/共同通信社)

 季節外れに異例の人事である。安倍内閣は8月30日の閣議で、読売新聞グループ本社の白石興二郎会長(73)をスイス大使に充てる人事を決定した(9月2日に着任)。新聞協会会長も務めた現役の新聞社会長が大使になるのは初めて。白石氏は決定と同時に読売新聞を退社した。

 白石氏の経歴を見ても、静岡支局に始まり政治部、論説委員、巨人軍オーナーなど、いかにも読売の保守本流ではあるが、外交との接点は感じられない。なぜ彼が大使に抜擢されたのか。ベテラン政治記者が語る。

「今回の人事は、安倍首相と“首相の後見人”を自任するナベツネさん(渡辺恒雄・読売新聞主筆)との関係抜きには考えにくい。現在の社長である山口寿一氏が次の会長になるのは規定路線で、白石氏の処遇が注目されていた。そこでナベツネさんが安倍首相に大使として白石氏をプッシュしたのではないでしょうか」

 4月までスイス大使を務めていた本田悦朗氏も、安倍首相の経済政策のブレーンとして知られていた。つまり2代続けて外務省以外から大使が送り込まれたことになる。

 気になるのは、スイス大使とは外交のプロでなくても務まるような仕事なのか、ということだが、外務省関係者に聞くとあっさり、「そうですよ」と言う。

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン